課題を共に解決する、倉庫物流、発送代行のアウトソーシング
HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年9月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年9月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

本社の斉藤です。先日発行された中央月報において、偶然全ての記事のテーマが「感謝」「人への思いやり」でした。新型コロナウィルスによって生活様式が大きく変わろうとしている中、このようなテーマにみんなが興味を持っているということは私個人として、とても嬉しかったです。
その中から、1つの記事をご紹介します。ぜひご覧ください!
コロナ禍にある今、皆さんが不要不急の外出を控えていると思いますが、緊急事態宣言中に比べると、徐々に外出の範囲が広がり、外食や買い物に出かける日も多くなってきているかと思います。他国では、外出時にマスクを着用しなければ罰せられるところも出てきています。

今、生活必需品とされているマスクですが、皆さんは、マスクをつけていることによる会話でのストレスを感じたことはありませんか?

私は、コンビニに入って会計の際、ビニールシート越しでマスクをした店員と会話をするのに、声が小さく聞き取れず、適当に返事をしてその場をやり過ごすということをしてしまったことがあります。声が聞き取れなければ会話にもならず、対応も冷たく感じられ、いったい何が言いたいの?と、やり取り自体に少しストレスを感じてしまいました。

会社の中で考えると、皆さんがソーシャルディスタンス取り、マスクをつけた状況でいる中、誰かに話しかけた時に相手から返事が得られず「無視された」「人の話を聞いてくれない」「不機嫌そう」「怒っているのでは」等、実際とは全く違うとらえ方をしてしまうことがあるのではないでしょうか。必要以上に大きな声、大げさなボディーランゲージで会話をする必要はないと思いますが、聞こえなかったからといって、すぐに負の考えに結び付けるのではなく、「声が小さかったのかな?また話しかけてみよう」等、少し相手の立場になって考えてみることも必要かと思います。逆の立場であっても、何か話しかけられたかも?と相手に聞き返すことも必要なのかもしれません。マスク姿で表情が見えなくても、声のトーン、言い方、言葉の使い方ひとつで、相手に与えるイメージを変えることは可能ですから、お互いが不快に思うことがないような、みんなにとって気持ちがいい、そんなコミュニケーションを心がけていきたいと思います。

都内でのランチ【物流アウトソーシングの中央株式会社】

【物流アウトソーシングの中央株式会社】都内でのランチ

ステーキ
物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

こんにちは。業務改善室のMです。

弊社では、年に一度、満足度調査というものを行っております。
社員と、パートとで内容は異なるのですが
中央株式会社に「求めるもの」「改善してほしいところ」等
アンケート形式で行います。
一部、筆記での意見もあり、率直な意見があがったりして、
毎回この時期になると頭を抱える所長・部長が居るとか居ないとか・・・

その満足度調査の結果に伴い、各営業所で改善ミーティングを行うことになり、
月に一度、本社に打ち合わせに行くことになりました。

本社の方とはあまり頻繁に会えないので、この機会を利用してランチに来ました!
知る人ぞ知る、レストランカタヤマさんにて・・・(^_-)-☆

先日の健康診断の結果で「貧血」と指摘されたので
お肉をチョイス!美味しかったです(*'▽')

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年8月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年8月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

本社の斉藤です。先日発行されました中央月報2020年8月号から1つの記事を紹介します。ぜひご覧ください!
2020年8月で入社してちょうど2年になります。
2年前の入社時この業界について右も左も全く分からず不安に満ち溢れていた自分ですが2年たった今、自分なりに少しは成長できたかなと感じております。
成長できたのも上司や先輩、時には悩みなどを聞いてくれる同期、その他関わる全ての人のおかげだと常日頃感じております。本当にありがとうございます。

その中で心に残る言葉が【物流のプロとして】という言葉です。
これは入社間もない頃に上司が話してくれた言葉になります。
入社1~2ヶ月であれば社内では新人として通用するかも知れませんが、対取引先様については新人だろうが、中央の●●として捉えられ、新人という肩書きは通用しないと話していただきました。この話を聞いたとき凄く厳しい上司だなと感じた他、入社間もない自分に対し物流経験のある方と同等というのは無理だろうと決めつけていました。

その中、言葉では厳しいと感じてしまった上司も実際には何も分からない自分に対し、理解するまで教えていただき、何事もすぐに無理だと考えがちであった自分に対して、物流のプロとして無理・できないという言葉は使わない方が良いと教えていただきました。
その教えもあり今では無理・できないと決めつけるのではなく、どうすればできるか、どうすれば上手くいくか等、ポジティブに物事を考えられることもできています。
数えきれないたくさんの事を教えていただき、物流の知識は勿論のこと、人としても成長できたかなと感じております。

教えていただいた事に常日頃感謝の心を持っていますが、面と向かってでは恥ずかしく伝えられていない為、今回この月報を機に日頃の感謝の気持ちを伝えさせていただきます。
まだまだ未熟者ですが、教えていただいた事はしっかりと知識・自信として身に付け物流のプロとして3年目も頑張っていきたいと思います。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】入社しました!

【物流アウトソーシングの中央株式会社】入社しました!

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!


6月22日に中央株式会社に入社しました。
稲荷営業所に配属となり、もうすぐ2か月が経ちます。

こちらの中央株式会社には縁あって中途採用して頂いたのですが、今までは営業や販売の仕事をしていたので物流業界で仕事をするのは初めてです!
私自身、服や家電、トイレットペーパーや調味料など生活に関わるありとあらゆるものを通販で購入しているのですが、家で商品を注文してから家に届くまでの工程にまさか自分が携われるとは思ってもみませんでした!
中央はBtoBだけでなくBtoC対応のお客様も多くお客様によってきめ細かく対応をしていく事が求められるため、覚える事も多くて大変です。
ですが、商品を心待ちにしているお客様に迅速に商品をお届けできるよう、これからも頑張っていきたいと思います!

草加稲荷営業所 M



【物流アウトソーシングの中央株式会社】子育てと仕事

【物流アウトソーシングの中央株式会社】子育てと仕事

お疲れ様です。

川口営業所のYです。

 

私事ですが、娘が13ヵ月になりました。

上手に歩けるようになったり、コップも使えるようになったり多少のコミュニケーションが取れるようになったりと成長を日々肌で感じ、とても愛らしく思います。正直、大変な時もありますが愛する娘の為だと、精一杯愛情を込めて接しております。

 

さて、川口営業所では繁忙期に入っており、お客様のご希望に添えるように、所員総出で日々奮闘しているところでございます。

以前、飲食業に勤めていた頃、上司から「良い接客(対応)をしたければ、お客様は全員付き合いたての恋人だと考えるといいよ!」と教わったことがあります。かなり昔の話ですが、当時よほど響いていたのかよく覚えており、今でも何かと振り返って考えるときがあります。

繁忙期のように日々忙しくなってきてしまうと、俯瞰して物事が見えにくくなりやすいですが、お客様、商品、業務に対し、愛を込めて良い対応が出来るように頑張っていくつもりです。

そして子育ても妻と力を合わせて頑張ります!!


物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!