課題を共に解決する、倉庫物流、発送代行のアウトソーシング
HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年10月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年10月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

本社の斉藤です。先日発行された、中央月報2020年10月号より、抜粋して1つの記事をご紹介します。ぜひご覧ください!
今回、私が通信教育で学ばせていただいた内容が、リーダーシップについての教育でした。

なぜこの課題を選び、学ぼうと思ったかというと、自分自身の現場をまとめる力を向上させよりよいリーダーとして成長をしたいと思ったからです。ですが、今の自分は、まだまだ先輩に助けられ、現場のパートさんに助けられることも多く、自分の理想とするリーダー像には程遠い気がしています。

自分のリーダー像と現実の自分との差を少しでも埋めるべく日々頑張っていくしかないと実感しました。

この教材の内容から一部抜粋なのですが、職場でよく使われるリーダーシップという言葉、これには『リーダー(部下などをまとめる立場の人)がメンバー(まとめられる側の立場の人)との間に存在する人の心を、ひとつにさせようと働きかけること』という意味があるそうです。頭では感覚としてはわかっていても活字にすると難しく思えてきます。

チームの心を一つにする、これは非常に難しい課題で、言葉の選び方、伝え方、場の雰囲気、相手の立場、その一つ一つで相手に与える感じ方を変えてしまい、ましてや同じ人などいないので一人一人に合わせた方法を選ぶ必要があります。

自分自身弱い部分でもあるのでこの部分をもっと強化していかなければならないと感じています。上司や同僚、パートさんとより良い信頼関係を築けるように、職場内でも気を付けていきたいと思います。

話を戻しますが、私の理想とするリーダー像は、日々の仕事や新しい仕事を始めるときに目指すべきゴールを的確に示せて、そこに行きつくまでに出てくる数多くの整理しなければならない物事や対処しなければならない出来事にも冷静に対処でき、どのような人員配置でどのような経過を辿れば良いかなど、スタートからゴールまでを先導できるリーダーです。それには周りからの信頼が必要不可欠だと思うので、日々の信頼を蓄積できるように一日一日を引き続き頑張っていきたいと思います。まだまだ遠い道のりだと思いますが頑張っていきたいと思います。

またひとつ【物流アウトソーシングの中央株式会社】

またひとつ【物流アウトソーシングの中央株式会社】

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

こんにちは。
ヒーローの武器の名前が「村雨」だったらいいなぁなんて思っていた草加SCの中島です。
ま、あれ刀ですもんね。剣ではない・・・。
文学女子こじらせるから(笑)


さて、今年も恒例。お誕生日のお花。
またひとつレベルがあがりました。


DSC_1005

中央株式会社へ就職するとお誕生日にはお花が頂けますよ('◇')ゞ

忘れていたいものを無理やり思い出させてくれる制度。
27歳頃から記憶が無いのですがどこに行ったのでしょうか。時空でも歪みましたか。

戦国時代だったら孫がいるような年齢ですがめげずに現代を生き抜いていこうと思います。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】ランドセルリメイク続編

【物流アウトソーシングの中央株式会社】ランドセルリメイク続編

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

こんにちは。本社のNです。

以前に紹介させていただきましたランドセルリメイクの続編です。

だいぶ前になってしまいましたが、依頼してから半年ほどで、ランドセルをリメイクしていただいたものが届きました。

 

これです。


丁寧に梱包されて届きました。
リメイクで出来上がった小物たちです

丁寧に梱包してあり、開ける前からすでに感動。

開けてみると、これまた本当に丁寧に丁寧にリメイクしていただいたんだなと伝わる小物たちが!

依頼するときは、ランドセル置き場所なくて邪魔だな!くらいの勢いで興味がなくなっていた娘たちも大興奮。

「これは、使う!」「これはじいちゃんに!」「あーこの傷、ランドセル擦ってママに怒られた傷だね。」(私、怒った覚えないですけど・・・)と女三人キャッキャ言いながら、わけました。

 

私はカードケースをGETしたので、大切に使っていきたいと思います。

そしてもう一つ感動したことがありました。

ネットからの依頼だったので、相手の顔はわかりませんが、到着とお礼のメールを送ると

その返事の中に、(発送もとの工房は九州)

「関東地方は本日、大変な雨が降ったようでお送りするタイミングが悪かったと反省しています。ですので、商品到着のご連絡大変ありがたかったです。」

という文章がありました。

私は、その気遣いに、さらに幸せな気持ちになりました。

 

ネットショッピングは、相手の顔は見れないけど、心は見えるんだなと感じたお買い物でした。

私もそういった気遣いを心がけていきたいです。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】提案制度

【物流アウトソーシングの中央株式会社】

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

川口営業所のKです。

 

世間で言う所のシルバーウイークが終わり、急に肌寒くなってきたように実感します。

もう秋が始まり、すぐに冬がやってきます。

この前ニュースで見ましたが去年は暖冬と呼ばれ比較的暖かい冬だったそうですが今年の冬は寒くなるとのことで、雪も多いのではとのことです。早めの準備が良いかもしれません。

 

話が変わりますが弊社では「提案制度」というものがございます。

従業員から「こうすれば効率がよくなる」「こうすることによって見栄えがよくなる」など内容は様々ですが意見が出ます。費用がかかる、かからない、リスク等を考慮したうえで実行に移す・移さないといった流れです。

現在川口営業所ではこの提案制度に注力した動きをしており、例年に比べ非常に多くの意見が出ております。

こういったことでもお客様へ貢献できたり会社として、営業所としての底上げができるのではと思い、日々取り組んでいる次第です。


【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年9月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年9月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

本社の斉藤です。先日発行された中央月報において、偶然全ての記事のテーマが「感謝」「人への思いやり」でした。新型コロナウィルスによって生活様式が大きく変わろうとしている中、このようなテーマにみんなが興味を持っているということは私個人として、とても嬉しかったです。
その中から、1つの記事をご紹介します。ぜひご覧ください!
コロナ禍にある今、皆さんが不要不急の外出を控えていると思いますが、緊急事態宣言中に比べると、徐々に外出の範囲が広がり、外食や買い物に出かける日も多くなってきているかと思います。他国では、外出時にマスクを着用しなければ罰せられるところも出てきています。

今、生活必需品とされているマスクですが、皆さんは、マスクをつけていることによる会話でのストレスを感じたことはありませんか?

私は、コンビニに入って会計の際、ビニールシート越しでマスクをした店員と会話をするのに、声が小さく聞き取れず、適当に返事をしてその場をやり過ごすということをしてしまったことがあります。声が聞き取れなければ会話にもならず、対応も冷たく感じられ、いったい何が言いたいの?と、やり取り自体に少しストレスを感じてしまいました。

会社の中で考えると、皆さんがソーシャルディスタンス取り、マスクをつけた状況でいる中、誰かに話しかけた時に相手から返事が得られず「無視された」「人の話を聞いてくれない」「不機嫌そう」「怒っているのでは」等、実際とは全く違うとらえ方をしてしまうことがあるのではないでしょうか。必要以上に大きな声、大げさなボディーランゲージで会話をする必要はないと思いますが、聞こえなかったからといって、すぐに負の考えに結び付けるのではなく、「声が小さかったのかな?また話しかけてみよう」等、少し相手の立場になって考えてみることも必要かと思います。逆の立場であっても、何か話しかけられたかも?と相手に聞き返すことも必要なのかもしれません。マスク姿で表情が見えなくても、声のトーン、言い方、言葉の使い方ひとつで、相手に与えるイメージを変えることは可能ですから、お互いが不快に思うことがないような、みんなにとって気持ちがいい、そんなコミュニケーションを心がけていきたいと思います。