設備紹介

X線異物検査装置

リガクRV-5030

従来はできなかった金属類を使用しているバッグ・財布・靴等の異物混入検査のほか、破損・欠陥品の検査も行えます。

◎X線検査は「リガクRV-5030」にて実施しております。
◎画像はDVDにてご提供も可能。
◎またトレーサビリティーとして商品の外装に画像番号シールを貼ることも出来ますので、画像番号と検査後の商品の照合も可能です。
◎X線画像の検査は目視にて行うため、操作者の目の疲労・集中力を考慮し、作業は1時間ごとの交代制。
3人一組で商品を流す・画像を確認する・商品をしまう、の分担をローテーション制であたります。

X線検査機で「安全・安心」をお届けいたします!

年間100万点以上の検査実績による確かな品質を保証

X線異物検査

日本の消費財の生産が海外中心になってきた昨今、商品の『安全・安心・信頼』に対する関心が年々高まってきております。高いレベルの品質管理が求められる中、商品の中に異物の混入が発見されるなど様々な問題や事件が発生しております。
X線検査機を用いることにより、従来では難しかった金属類を部材に使った商品、検針機非対応のアパレル商品、ハンドバック、鞄、靴、ぬいぐるみ、クッション、などの雑貨で触診しにくい物も、高い検針検査性を実現しました。

また、今までの検針機では困難であった異物を発見し、肉眼では発見できない不良個所の発見や仕上がり確認の検査も可能になりました。オプション作業と組み合わせすることにより、よりハイクオリティーな商品をご提供することも可能です。

X線検査機の特徴と機能

X線検査機の特徴と機能1
X線検査機の特徴と機能3
X線検査機の特徴と機能2
X線検査機の特徴と機能4

■検針機では感知してしまう金属使用商品の検査が可能

■金属以外の異物混入の検査が可能 ※樹脂・亜鉛合金・真鍮・ステンレス・小動物・昆虫など

■格上作業、仕上がりのチェックも可能

■箱や袋から出さず、詰め物も取らずにチェックが可能

■検針機を通らないような大型の商品でも検査が可能

■X線検査を行ったものには、弊社オリジナルのX線検査済みシールを全てのカートンに貼付

※X線検査では、機械の性能上において、透視画像に映らない小さな異物または装飾品などの影に隠れている異物などは発見できません。よって異物を100%発見できることを保証できるものではありません

« 前の記事へ
次の記事へ »

contact

お問い合わせはこちら

top