課題を共に解決する、倉庫物流、発送代行のアウトソーシング
HOME > ライターコラム

ライターコラム

アウトソーシングを利用して棚卸の効率化を図る

アウトソーシングを利用して棚卸の効率化を図る


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

「棚卸」を経験している方は、定期的にする少し大変な作業という印象をお持ちの方もいると思います。

棚卸をする理由として、データ上の在庫と現在ある実在庫の数の確認をして、在庫数に増減がないか、売り上げとの相違がないかを調べることがあります。

の作業をしないと、万が一在庫数があわない、売上金額との相違があった際に、さかのぼって調査する時に膨大な時間がかかること、調査作業のために人員確保をしないといけないこと、発送作業などを止めて行うことなど、実作業に大きな影響をもたらしてしまいます。

できるだけ、リカバーできる期間で棚卸をして、もしミスが見つかったら速やかに対処する方法をとった方がよいでしょう。

そのために、ぜひ物流のアウトソーシングを手掛ける中央株式会社で、トータル作業としてアウトソーシングしてはいかがでしょうか?

その利点として、お客様の発送の仕方、在庫管理の仕方を充分に把握し、通常の業務を行っている作業スタッフが棚卸を行うことで、時間短縮の効率化が図れます。

また、万が一、在庫に誤差があった場合も、すぐに報告し対応できます。

毎回の棚卸に頭を悩ませている方は、ぜひ中央株式会社にご相談ください。

中央株式会社の棚卸については
https://www.chuoh-logistics.com/service/basic/stock_taking.html

駒形プロフィール合体画像

中央株式会社の検品 ~アパレル商材の不良判定になるものは?~

中央株式会社の検品 ~アパレル商材の不良判定になるものは?~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

中央株式会社の「検品」についてご紹介しています。
今回は アパレル商材の不良判定になるものは? をお伝えします。

アパレル商材の検品で、不良判定になるものには以下のようなものがあります。

・縫製不良(ミシン目がひと針、二針縫い目からずれている、落ちているなど)
・シミ
・汚れ
・キズ
・色落ち
・ボタンなどの留め具がゆるい、取れている
・破損

これらがあった場合、検品で取り除くことが必要です。

もし、このような状態でお店に商材が並んでしまうことがあると、商材を納品した会社はもちろん、販売店の信頼も損ねることになります。

中央株式会社では、長年物流のアウトソーシングを行ってきた経験を活かし、検品に力をいれております。
作業スタッフは、さまざまな商材の検品作業に熟練し、日々検品を行っています。
御社のアパレル商材の基準にあわせた検品が行えます。

はじめて検品のアウトソーシングをお考えの方は、ぜひ無料相談にお越しください。

中央株式会社で扱っているアパレル商材の検品についてご紹介をいたします。

中央株式会社の商品検品については
https://www.chuoh-logistics.com/service/option/outside.html

駒形プロフィール合体画像

通販の棚卸をアウトソーシングすると、本業に専念できる

通販の棚卸をアウトソーシングすると、本業に専念できる


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

通販サイトを運営している方で、棚卸を自社で行っている方は多いのではないでしょうか?
棚卸を行うにあたっては、いつ棚卸をするか(店の休業日、業務終了後)、棚卸をする人員は何人いるかなどの準備が必要になります。

通販サイトでの注文は、TVや雑誌で紹介されるなどある時期に注文が殺到することもあり、その作業に追われるあまりに、棚卸の準備に時間がかけられない場合もあります。
また、棚卸の人員を確保するのも、単発のアルバイト採用をかけることもあります。

「棚卸」という作業は、必要なものですが、いざ行うとなると負担も大きいものです。

中央株式会社では、各営業所の倉庫利用の方向けに棚卸のアウトソーシングをお引き受けしております。
お客様が希望される棚卸の手順などを、お時間をいただいて確認させていただきます。
その際、今後の在庫管理についてもご提案させていただくこともあります。

棚卸作業でお困りの際は、どんなことでもご相談ください。

中央株式会社の棚卸については

https://www.chuoh-logistics.com/service/basic/stock_taking.html

駒形プロフィール合体画像

中央株式会社の検品 ~検品の作業代行でB品判定品を逃さない~

中央株式会社の検品 ~検品の作業代行でB品判定品を逃さない~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

中央株式会社の「検品」についてご紹介しています。
今回は 検品の作業代行でB品判定品を逃さない をお伝えします。

検品を行う理由のひとつにB品判定品(品質が劣る品物)をチェックすることがあります。
アパレル、雑貨、書籍など、多くの商材を扱う中央株式会社では、検品作業には、特に力を入れています。

お客様の扱う商材によって、B品判定品の基準はさまざまです。
中央株式会社では、検品でチェックしてほしい項目について、現状の検品状況をヒアリングし、お客様のご希望を取り入れた、より精度があがる検品について、ご提案いたします。

それは、長年、物流のアウトソーシングに携わり、多くの商材を扱ってきた中央株式会社だからできること。

検品でB品判定がでた商材が見つかることは、悪いことではありません。
購入される方の手に渡る前に、検品で取り除くことができれば、購入いただいた方からにクレームを避けることができ、御社の信用度はあがります。
そしてリピーターとして、購入が続いていくこともあります。

検品の作業代行を考えている方は、一度ご相談ください。

中央株式会社の商品検品については
https://www.chuoh-logistics.com/service/option/outside.html

駒形プロフィール合体画像

アパレルの棚卸は大変? アウトソーシング利用のすすめ

アパレルの棚卸は大変? アウトソーシング利用のすすめ


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

物を販売しているところでは、年数回期間を決めて棚卸を行います。

棚卸は、今ある在庫の数を数え、データ(帳簿)との数があっているかを確認する作業のことです。在庫数を確認することで、正確な在庫数がわかり、売れ筋のチェックができること、今後の発注や商品作成の目安がつかめます。また、在庫数とデータがあわない場合は、どの時点で数がずれたのかを確認する必要がでてきます。

アパレルを扱っている店や倉庫での棚卸は、お店が開いている時や、倉庫で通常の作業をしている中では行うことができません。お店が閉店してから、倉庫での作業が終了してから行うか、棚卸の日を別途設けているところもあります。

棚卸は、必要な作業ですが、行うとなるととても大変な作業になります。

中央株式会社では、アパレル商材の検品、発送などのアウトソーシングを行っています。その一環として、棚卸作業の代行も行っております。

作業前に、打ち合わせを行い、スケジュールと手法などを確認し、期間内にきっちりと作業を行っています。
携わるスタッフは、物流のアウトソーシングに長けたベテランです。効率よく棚卸を行います。

中央株式会社の棚卸に興味がある方は、お気軽にお問合せください。

中央株式会社の棚卸については
https://www.chuoh-logistics.com/service/basic/stock_taking.html

駒形プロフィール合体画像