課題を共に解決する、倉庫物流、発送代行のアウトソーシング
HOME > ライターコラム

ライターコラム

物流作業の代行を行う中央株式会社 ~ベルトの検品ポイント~

物流作業の代行を行う中央株式会社 ~ベルトの検品ポイント~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

今回から全3回でベルトの検品などの代行作業についてお伝えします。

ベルトは、ズボン用や腕時計などに使われています。

材質は、主に革やビニール、綿などでできていて、バックル部分は金属のものが多いです。

バックルにもいくつか種類があり、針のような留め具をベルトの穴にあわせて入れてベルトを固定する「尾錠止め(ピンバックル) 」や、作業服などに用いられる「二つ穴(ダブルピンバックル) 」、リング状でベルトを固定する「布ベルト用のバックル」などがあります。
また、女性用、男性用と幅や長さの違いもあります。

ベルトを検品する際のポイントとして
 ・長さが適切か(短い、長いなど)
 ・全体にキズや汚れがないか
 ・ベルト穴が適切な位置に空いているか
 ・バックルの構造が正しいか?(部品の破損、不足がないかなど)
 ・バックルに施された装飾部分に欠けなどがないか
などがあります。

金属でできたバックルのあるベルトは、検針機での検査ができないため、X線検査をおすすめしています。

また、大量検品も、弊社の経験豊かな作業スタッフをよる柔軟に配置して、行うことが可能です。
ベルトの検品代行をご検討の方は、ぜひ中央株式会社をご検討ください。

中央株式会社の商品検品については

https://www.chuoh-logistics.com/service/option/outside.html
駒形プロフィール合体画像

物流のアウトソーシングを手掛ける中央株式会社 ~海外製品を検品する大切さ~

物流のアウトソーシングを手掛ける中央株式会社 ~海外製品を検品する大切さ~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

中央株式会社では、長年さまざまな商材の検品、検針、発送のアウトソーシングを手掛けています。

身の回りの生活雑貨や、洋服、靴などが海外製品ということが今は当たり前になっていますが、中央株式会社で扱う商材も、海外製品が多くあります。
そして、海外で作られた製品を現地で検品を行っている場合も多くなってきました。

海外製品のクオリティーは、以前に比べると高くなってきましたが、日本国内での消費者の求める品質レベルも上がっていることもあり、日本で再度検品を行うこともあります。
また、量販店などに商材を入庫する際に、量販店独自の規格があり、量販店に納めるために、認定を受けた検品所で検品を行う必要が出てくる場合もあります。

海外製品を日本国内でスムーズに流通できるように、ぜひ中央株式会社の検品のアウトソーシングをご利用ください。

中央株式会社では、検品、検針レベルが認められ、イオン、ワールド、バンダイの検針、検品所認定を受けております。上記に商材を卸す際などにご活用いただければと思います。

海外製品の検品については、お気軽にお問合せください。

中央株式会社の商品検品については
https://www.chuoh-logistics.com/service/option/outside.html
駒形プロフィール合体画像

物流の発送代行作業などを手掛ける中央株式会社 ~帽子のギフト対応~

物流の発送代行作業などを手掛ける中央株式会社 ~帽子のギフト対応~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

帽子の発送や検品などのアウトソーシングをご紹介する最終回です。

今回は、帽子のギフト対応についてです。

プレゼントに帽子を送りたい。

そう思って通販サイトで注文、相手の喜ぶ顔も思ってギフト対応をお願いしたという方はいらっしゃるのではないでしょうか?

帽子のギフト発送の際に、特に気を付けるのは「帽子の型崩れを防ぐ」ことです。

帽子の種類にもよりますが、山高帽(ポーラーハット)と言われる高さのある帽子や、ひろいつばをもつつば広帽(キャペリン)など、フェルトやウールなどで作られた帽子は、形を崩さないよう、箱に入れて、緩衝材などをいれて、発送を行います。

ギフト用のラッピングは、箱や袋などにあわせて行います。

中央株式会社では、リボンや包装紙を各種取り揃えております。
また、ラッピングコーディネーターの有資格者もおりますので、安心してギフト対応をアウトソーシングいただけると思います。

現在、自社でギフト対応にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

御社にあったご提案をいたします。

中央株式会社のラッピングについては
https://www.chuoh-logistics.com/service/option/op_wrapping.html
駒形プロフィール合体画像

海外からの輸入雑貨の発送代行を長年行っています

海外からの輸入雑貨の発送代行を長年行っています


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

今回から海外からの輸入品の検品や発送などの作業代行について、ご紹介します。

初回の今回は、中央株式会社での輸入雑貨の代行作業についてです。

中央株式会社では、毎日海外からの輸入雑貨の検品、検針、X線検査、発送などのアウトソーシングを行っています。

雑貨の種類は多種多様で、大きさもさまざまです。

素材によっても、検品などでの注意点は異なり、扱う商材ごとに作業スタッフには、作業で気を付けるところなどを周知の徹底を行っています。

一例ですが、ある企業様が取り扱っている海外製の陶器製品や、屋外に置くオブジェなどの検品から発送まで行っております。

のひらに乗るお皿から、ひとりでは持つことが難しい重さのあるものまであります。壊れやすい素材のものも多く、海外から運ばれている間に破損してしまうものもあるため、入庫の際の検品も破損したものの数をチェックすることが重要になります。
また発送の際には、店舗などへの配送中に破損がないように、緩衝材などを商材にあうように包んでいます。

長年物流のアウトソーシングを手掛けてきたノウハウや経験を活かして、海外からの商材にあわせた検品から発送ができる中央株式会社。

御社で扱っている海外製品をアウトソーシングしたいとお考えの方は、お気軽にお問合せください。

中央株式会社の輸入・卸業者の方については
https://www.chuoh-logistics.com/outsourcing/sp

駒形プロフィール合体画像

物流の代行作業を手掛ける中央株式会社 ~帽子のX線検査の必要性~

物流の代行作業を手掛ける中央株式会社 ~帽子のX線検査の必要性~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

今回は帽子をX線検査にかける必要性について、お伝えいたします。

前回、帽子には、ベースボールキャップとストローハット(麦わら帽子)など、さまざまな帽子があることやなどをご紹介しました。

商材にX線検査をかけて検査するメリットとして
 ・検針機では検査できない、金属片や金属部品のついた商材の検査ができること
 ・目視や触診では、検査しづらい内部(構造)の検査ができる
などがあります。

帽子の場合、ストローハット(麦わら帽子)のような、目視や触診では、分かりにくい編み込み部分の検査に、X線検査をかけることによって、制作時に使用した針などが見つかることがあります。

ぜひ、御社が扱う帽子のクオリティーアップに、中央株式会社でのX線検査をおすすめします。
中央株式会社では、多種多様な商材をX線検査行っており、その数は、年100万件以上になります。

経験豊かなスタッフが、X線検査を行い、微細な異物混入のチェックを行っています。
X線検査の現場見学も随時行っていますので、ご希望者はお問合せください。

中央株式会社の商品検品については
https://www.chuoh-logistics.com/service/option/outside.html

駒形プロフィール合体画像