課題を共に解決する、倉庫物流、発送代行のアウトソーシング
HOME > ライターコラム

ライターコラム

中央株式会社の検品 ~ハンディーターミナルを使う利点は?~

中央株式会社の検品 ~ハンディーターミナルを使う利点は?~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

中央株式会社の「検品」についてご紹介しています。

前回、中央株式会社の「ハンディ端末(ハンディーターミナル)」を使った物流管理についてご紹介しました。

今回はハンディーターミナルを使う利点は?をお伝えします。

ハンディーターミナルは、名前の通り、片手で持ち上げられる軽量の機械です。ターミナル内に、入庫、出庫情報を保存し、商品につけられたバーコードをスキャンして、正確な数や品番の把握ができます。

ハンディーターミナルを使う利点としては、持ち運びが楽なことから、商材のある棚の近くや、作業台で使用が可能なことや、スタッフが変わっても作業効率が変わらないことがあります。
そして、無線LANタイプのハンディーターミナルの場合は、作業の進捗状況が随時、パソコンのデータに移行して、最新の在庫管理を確認することができます。

また、大量の検品が必要な場合や、品番が多く、目視での検品では難しい場合にも、ミスを防ぐなど活躍します。

検品のクオリティーに自信を誇る中央株式会社の作業について、気になった方はぜひ、倉庫見学にお越しください。
ハンディーターミナルを使った検品現場をご案内いたします。

中央株式会社のハンディ検品については

https://www.chuoh-logistics.com/service/basic/shipping_management.html

中央株式会社が使用しているハンディーターミナルについて
https://www.chuoh-logistics.com/facility/handy_terminal.html

中央株式会社の倉庫見学については
https://www.chuoh-logistics.com/inspection
駒形プロフィール合体画像

プレス作業導入 ~アパレル商材のプレス作業をアウトソーシングするメリット~

プレス作業導入 ~アパレル商材のプレス作業をアウトソーシングするメリット~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

中央株式会社で、2017年春からはじまった「プレス作業」についてご紹介します。

今回は「アパレル商材のプレス作業をアウトソーシングするメリット」をご紹介します。

中央株式会社でプレス作業を導入したきっかけは、お客様がしわで不良品になった品を、引き取ってプレス作業専門の業者にお願いしていたことを聞いたことからです。

もし、しわにより不良品がでた時点で、中央株式会社内でプレス作業ができれば、お客様のお手間が減るのでは?
そこで中央株式会社ではプレス作業を導入し、しわによる不良品への対応を始めました。

今、アウトソーシング先でのしわ不良で、出荷ができない商材を引き取って、自社でプレス作業ができる会社をお探しして対応されている方は、ぜひ、トータル作業の中で、中央株式会社のプレス作業をご利用いただくことをおすすめします。

お客様が行っている作業をアウトソーシングされると、作業のタイムロスをカットできることや、不良品がでるごとに、プレス作業を手配する工程がなくなるメリットがあります。

しわによる不良品でお困りの方は、ぜひ、中央株式会社のプレス作業をご利用ください。

中央株式会社のプレス作業については
https://www.chuoh-logistics.com/service/option/press-work.html

駒形プロフィール合体画像

中央株式会社の検品 ~アウトソーシング先での出荷時の検品のポイント~

中央株式会社の検品 ~アウトソーシング先での出荷時の検品のポイント~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

前回から中央株式会社の「検品」についてご紹介しています。

今回は、アウトソーシング先での出荷時の検品のポイントをお伝えします。

中央株式会社では、入庫から出庫、在庫商品の棚卸などの商品管理に「ハンディ端末(ハンディーターミナル)」を使用し、バーコードなどのスキャンニングによる管理を行っております。

検品には作業スタッフによる目視での検品も行っていますが、大量、かつ種類が豊富な商材の作業の場合は、商品についているバーコード情報で在庫や品番の確認を行うことで、出庫時のミスを防ぐことができます。

また、作業は複数人で行うことから、どの人が行っても確実な作業ができるような作業工程も必要になってきます。

お客様が検品作業をアウトソーシングされたい際は、入庫時もですが、アウトソーシング先の出荷までの検品体制を確認された方がよいかと思います。

中央株式会社では、長く物流のアウトソーシングを行ってきた経験から、お客様の商材にあった最適な検品方法をご提案しております。

作業現場が見たいという方には、倉庫見学も行っています。
ぜひ、一度中央株式会社の倉庫にいらしてください。

中央株式会社のハンディ検品については
https://www.chuoh-logistics.com/service/basic/shipping_management.html

中央株式会社が使用しているハンディーターミナルについて

https://www.chuoh-logistics.com/facility/handy_terminal.html

中央株式会社の倉庫見学については
https://www.chuoh-logistics.com/inspection

駒形プロフィール合体画像

プレス作業導入 ~アパレル商材の不良品を良品に。プレス作業ができるメリット~

プレス作業導入 ~アパレル商材の不良品を良品に。プレス作業ができるメリット~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

前回から、中央株式会社で、2017年春からはじまった「プレス作業」についてご紹介します。今回は「アパレル商材の不良品を良品に。プレス作業ができるメリット」をご紹介します。

アパレル商材の検品を行っていると、商材に「しわ」があることで、出庫ができないことがあります。商材によって、お客様によってしわの判断レベルはそれぞれになりますが、明らかにしわとわかるものは、やはり出庫は難しくなります。

その際、しわのついた商材はどうなるか?

今までは、しわのついた不良品をお客様に返却し、お客様自身でプレスができる会社を探していただき、しわを伸ばしてから、再度中央株式会社に入庫するという流れになっていました。

入庫時の量にもよりますが、しわで不良になるものは10枚以内がほとんど。そのために、プレス会社を探すということは、とても手間がかかります。お客様のこのお手間を解消したいと思い、プレス作業を開始しました。

2017年春に導入したプレス作業によって、入庫後、しわのあった商材がでてきても、作業内でプレスをすることで、商材が良品になり、その後の作業もスムーズになるメリットがあります。

アパレル商材のアウトソーシングに強い、確かな検品を行う中央株式会社。
不良品のプレス作業でお困りの方は、一度ご相談ください。

中央株式会社のプレス作業については
https://www.chuoh-logistics.com/service/option/press-work.html

駒形プロフィール合体画像

中央株式会社の検品 ~アウトソーシング先での入荷検品のポイント~

中央株式会社の検品 ~アウトソーシング先での入荷検品のポイント~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

今回から中央株式会社の「検品」について、ご紹介します。

中央株式会社の検品には「入荷検品」と「ハンディ検品」、「商品検品」などがあります。
その中の「入荷検品」のポイントをお伝えします。

入荷検品とは、入荷した商材と、入荷データの数と商材内容があっているか、確認する作業です。
その際に、商材に不良品がないかもチェックします。


この入荷検品の精度が高ければ、その後の商品検品に続く一連の業務のミスも防ぐことができます。そのため、とても重要な作業となります。

最近、輸入品の入荷の際、海外でパッキングした商材が、現地で誤入荷されたまま入庫するケースも増えています。
輸入品の商材は年々増えていることもあり、商材が倉庫に届いたときに行う入荷検品の重要性がますます高まっています。

中央株式会社では、長年物流のアウトソーシングを手掛けてきました。
作業スタッフもさまざまな商材に長けた人材を揃え、お客様の商材にあった入庫検品のチェックポイントを確実にチェックします。

ぜひ、検品のアウトソーシングは、中央株式会社にお任せください。

中央株式会社の入荷検品については

https://www.chuoh-logistics.com/service/basic/inspection.html
駒形プロフィール合体画像