ライターコラム

こんなこともできる!? 難しいご要望にも応えるセミオーダー物流

要望あれこれ

こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えする、ライターの山崎です。

中央株式会社が誇る「セミオーダー物流」では、お客様のさまざまなご要望にお応えして、最適な物流アウトソーシングを実現してきました。
中には「こんな商品の管理も?」と言いたくなるようなものもあります。
今回は、実際にいただいたご要望のうち、一筋縄ではいかなかった商品の管理を実現したケースをご紹介しましょう!

こんな商品の保管・発送、お願いできますか?

取扱いが難しい商品は自社の倉庫で保管・発送している、という会社は多いのかもしれません。
しかし、内容によってはアウトソーシング可能です!
中央株式会社ではそのような商品も多く預かっています。

さっそく2例ご紹介しましょう。

①温度管理の必要な商品

実はこの商品、温度管理が必要なのですが、預かっていただけませんか……?
と相談を持ちかけられた中央株式会社。

相談を受けた当時、中央株式会社には温度管理をするエリアはなく、当然保管実績もありませんでした。
「やったことがないから」と依頼を断ることは簡単ですが、そこで安易に判断しないのが中央株式会社のよいところ。
「私たちにできることは何か」と社内で検討し、草加稲荷倉庫に温度帯のあるフロアを整備しました。

透明な仕切りの先にある保管場所には温湿度計を設置して、随時温度・湿度を管理。
冷蔵倉庫ではないので低温での保管はできませんが、温度変化の少ない環境での保管が実現しました。

そして今では、化粧品、サプリプリメント、精密機械など、温度管理が必要な商品を数多くお預かりするまでになりました。

②壁紙

家の新築工事やリフォーム時に不可欠な「壁紙」。
その壁紙を扱っているメーカー様から「自社で在庫していた壁紙の保管と発送をお願いしたい」依頼がありました。

未経験だったこの依頼も、中央株式会社は壁紙の保管にはどのようなことに気を付けたらいいのか、発送する際に適した梱包材や梱包方法はどのようなものか、などを細かくヒアリング。
相談を重ねた上で、壁紙の保管・発送を実現しました。

こんな商品のX線検査、できますか?

服や靴、鞄など、アパレル商品を得意とする中央株式会社。
商品の異物や不具合を確認するために、検針機のほかX線検査装置による検査もオプションで行っています。

あるとき、「抱っこひものX線検査はできませんか?」という問合せがあったそうです。

抱っこひも」は、乳幼児を抱える保護者にとってのマストアイテム。
最近はその種類も多様化し、国内製から海外製までさまざまな抱っこひもが登場しています。

ご依頼主様は「赤ちゃんを守るものなので、より安全性を高めたい!」と、出荷前のX線検査を熱望。
中央株式会社では、さまざまな商材のX線検査を行ってきた経験を活かして、検査できると判断しました。
ご相談を重ね、ご依頼主様の希望を叶えることができました。

こんな商品の検品も対応してもらえると嬉しいのですが……?

中央株式会社では、X線検査や検針機による異物混入以外の「検品」にも対応しています。
アパレル商品や生活雑貨以外の検品はもちろん、細やかな検品が必要な特殊な商品にも、丁寧に対応しているのです!
その一例をご紹介しましょう。

①業務用脱臭機の検品

オフィスや病院、ホテル、お店などで衛生対策として使用する「業務用脱臭機」。
アパレル商品の検品とは全く異なる機械の検品なんて大丈夫なのか?と心配になりそうなところです。しかし中央株式会社では、このような機械もしっかりお引き受けしています。

検品は綿密な打ち合わせを経て、指定された内容をきめ細かく実施。
電気を使う商品のため、1個1個通電チェックも行っています。

ランドセルの検品

小学校入学の贈り物として定番の「ランドセル」。
ランドセル選びは「ラン活」とも呼ばれるほどの一大行事になっていますよね。
ランドセル自体も、最近ではさまざまな色や機能が備わり、進化を続けています。
中央株式会社では、このランドセルの検品を行っています。

ランドセルは子どもが6年間使うものなので、安全面は特に大切な検品事項。
事前に申し送りされているチェック事項に沿って、作業スタッフが一つひとつ時間をかけて検品を行っています。
検品終了後は美しい状態で発送できるように、不織布等で包んでから専用の箱に入れて保管しています。

まとめ

中央株式会社では、「特殊な商品でアウトソーシングが難しそうな作業があるのですが、対応できますか?」というご質問をいただいた際には、まずお話をじっくりお聞きしているのだそうです。
そこから、長年アウトソーシングを行ってきた経験を駆使して対応できないかを社内の担当者と相談し、お客様に最適なアウトソーシングを提案しているとのこと。

中央株式会社が絶対の自信をもつ「セミオーダー物流」は、一体どのようにして生まれたのか?
その謎が垣間見えた気がします。
特殊な商品の物流アウトソーシングをご検討の方は、「こんなことはできないよね?」と思いこまず、まずは中央株式会社に相談してみてください!

中央株式会社については
https://www.chuoh-logistics.com/

山崎プロフィール画像
次の記事へ »

contact

お問い合わせはこちら

top