課題を共に解決する、倉庫物流、発送代行のアウトソーシング
HOME > ライターコラム

ライターコラム

検針② 検針で発見できる異物混入とは?

検針② 検針で発見できる異物混入とは?


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えする、ライターの駒形です。

検針について6回に分けてお話しするシリーズ、第2回は検針することで発見できる異物についてお話しします。

検針作業は主に検針機を使って行います。
検針機はいわば「金属探知機」。商材の中にある金属に反応する仕組みです。
つまり、検針作業では金属製の異物を見つけることができます。

【検針作業で見つかる異物の例】
・縫製中に折れたミシン針
・抜き忘れたまち針
・ホチキスの針
・荷札の針金   など

特にミシン針やまち針の混入は海外製品に多く、製作過程で注意していても一定の割合で混入してしまうものです。
それを出荷前にきちんとチェックすることは、安全面においても極めて大切なことです。
検針機に通して異物をチェックすることで、細かなものも見逃すことなく確認できます。

なお、金属に反応する検針機の特性上、金属を用いている商材には使用することができません。
そのような商材の異物混入を確認したい場合はX線検査を行います。

中央株式会社は、検針もX線検査も対応可能です。
アパレル商材の物流をアウトソーシングしたいとお考えの方は、どういった検査をするとよいか、一度相談してみてはいかがでしょうか。

次回は、検針のメリットについてお話します。


中央株式会社の検針については

中央株式会社のX線検査については
https://www.chuoh-logistics.com/service/option/x%e2%80%90rays.html

駒形プロフィール画像

通販商品の受け取り方法 ~郵便局での受け取り~

通販商品の受け取り方法 ~郵便局での受け取り~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

今回は「郵便局での受け取り」について紹介します。

郵便局は北から南まで全国に24,370局あります(※2019年7月現在)。
人口の少ない村や離島などにもあり、どの地域にいても同じサービスが受けられることが利点です。

通販での商品を注文時に、受け取りを郵便局に指定することができます。

あるショッピングモールでは、商品注文時に「郵便局受取」を選択し、受け取り希望の郵便局を選びます。商品が郵便局に届くと、商品受け取りに必要な認証キー(問合せ番号・認証番号など)が記載されたメールが届きます。
受取の際はこのメールに記載されている問い合わせ番号や認証番号の提示が必要になります。提示することで商品が受け取れます。

他のショッピングモールでは、商品を購入する店舗が商品を郵便局受け取りにできるかを注文前に確認し(ゆうパック発送をしているかなど)、受け取り可能な際は、注文時の備考欄に「郵便局留めでお願いします。○○郵便局……」と商品を受け取りたい郵便局名や住所、電話番号などを明記して商品を注文します。

会社の近くの郵便局で受け取りもできる「郵便局受け取り」。
ぜひ利用してみたいですね。


中央株式会社は物流のアウトソーシングを長年手掛け、物流に関わる様々な疑問や悩みの解決に貢献します。
ご相談は無料です。

次回は、「営業所・店舗受け取り」について紹介します。

中央株式会社については

https://www.chuoh-logistics.com/
駒形プロフィール画像

物流のアウトソーシングを手掛ける中央株式会社  棚卸の必要性

物流のアウトソーシングを手掛ける中央株式会社  棚卸の必要性


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

商品を販売している会社で、必ず行われていることは何でしょうか?
それは「棚卸」です。

棚卸は、ほとんどの会社、特に店舗では、閉店後など、お客様がいないところで行います。
そこで行われている「棚卸」とは、どんなことをしているのでしょうか?

棚卸とは、会社の決算期(日)などある時点にある商品の在庫数を数え、数と品質の確認を行い、在庫商品の金額がどのくらいあるか計算することです。

倉庫で商品の入庫、出庫をしていく中で、
間違えて商品を多く出庫してしまった、返品になった商品が倉庫の奥に置かれたままになっていることなどの処理ができていないと、帳簿上の在庫と実際の在庫の数が合わなくなります。

合わないまま、確認せずに作業を続けていくと、余剰在庫を抱えることになったり、繁忙期に在庫の差異で作業が止まるなども起こることも考えられます。
そして、会社の資産が正確に把握できないことにもつながります。

そのため、ある一定の期間ごとに棚卸をする必要があります。

中央株式会社では、ご希望があれば、アウトソーシングを依頼されているお客様の商品の棚卸を、行っています。作業スタッフが行うことで、本業の時間を割かずに棚卸が行えると好評です。

これから棚卸の種類や、注意点などをご紹介していきます。

中央株式会社については
https://www.chuoh-logistics.com/

中央株式会社の棚卸については
https://www.chuoh-logistics.com/service/basic/stock_taking.html
駒形プロフィール画像

検針① アパレル商材の品質管理に不可欠な「検針」を倉庫会社が代行

検針① アパレル商材の品質管理に不可欠な「検針」を倉庫会社が代行


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えする、ライターの駒形です。

お店で洋服やバッグを購入したときに見かける「検針済」の紙。
とても小さな紙ですが、これが入っていると「きちんと管理された商品なのだな」という印象を持ちませんか?

服などのアパレル商材は、製作過程で折れた針やとり忘れたマチ針が混入してしまうことがあります。
針の混入は、注意していても一定の確率で起こってしまうものです。

もしも針が混入した商品が人の手に渡ってしまったら……。一大事なのは想像に難くありません。
このようなトラブルが起こらないよう、出荷前に針などの混入を確認する作業が「検針」です。

検針作業では、商材を一つひとつ専用の機械に通して、針などの金属が入っていないか確認します。
そして、混入した疑いのあるものは人の手でチェックします。
これを自社で行おうとすると、機械を設置する場所と費用が必要です。
また、検査を担当するスタッフのスキル向上にも時間と手間がかかります。

その問題を解決する一つの方法が、検針のアウトソーシングです。

中央株式会社では、商材の保管や出荷作業とあわせて、検針作業の代行も行っています。
そのスキルも企業からの認定を受けるほど、しっかりしたもの。
商材のクオリティーを上げつつ物流と一緒にアウトソーシングできるので、非常に好評だそうです。

次回から5回にわたって、この「検針」について取り上げます。
検針のメリットやその方法、実際の検査の流れなどについてお話ししていきます。


中央株式会社の検針については
https://www.chuoh-logistics.com/service/option/meter%E2%80%90reading.html

駒形プロフィール画像

通販商品の受け取り方法 ~宅配ロッカーでの受け取り~

通販商品の受け取り方法 ~宅配ロッカーでの受け取り~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

今回は「宅配ロッカーの受け取り」について紹介します。

宅配ロッカーとは、コインロッカー型のボックスで、電車の駅やコンビニ内、ドラッグストア、スーパーなどに設置されています。通販等注文時に、希望する(場所の)宅配ボックス受け取りを選ぶと、運送会社がそのボックスに商品を入れ、依頼人は、好きな時間に商品を取りに行くことができます。

いろいろな宅配ロッカーがありますが、ヤマト運輸で送る商品が利用できる宅配ロッカー「PUDOステーション」は、利用するためにはクロネコメンバーズに登録が必要になります。商品を受け取る時はあらかじめ決めておいた2つのパスワードをロッカーに入力してボックスを開けます。セキュリティー面もしっかりしているので、安心ですね。

楽天市場で商品を注文した際に選択できるロッカー受け取りサービスは、「楽天BOX」と「はこぽす」になります。
どちらも商品購入時の画面で、配送方法を決める際に「ロッカー受け取り」を選択、受け取り場所を選びます。商品がロッカーに届くとメールが届き、必要な認証キー(ロッカー開錠用パスワード)が明記されています。指定のロッカーに商品を受け取りに行った際、ロッカー開錠用パスワードを操作画面に入力して開錠をします。

自宅を不定期に空けることがあったり、仕事で朝早くでて夜遅く帰宅という方は宅配ロッカーはとても便利ではないでしょうか?

中央株式会社は、物流に関わる様々な疑問や悩みの解決に貢献します。
まずはご相談ください。

次回は、「郵便局受け取り」について紹介します。

中央株式会社については
https://www.chuoh-logistics.com/
駒形プロフィール画像