課題を共に解決する、倉庫物流、発送代行のアウトソーシング
HOME > ライターコラム

ライターコラム

中央株式会社 古河営業所 ~テント倉庫の種類「固定式」・「伸縮式」~

中央株式会社 古河営業所 ~テント倉庫の種類「固定式」・「伸縮式」~


んにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

さまざまな種類のあるテント倉庫。その中の2種類「固定式」と「伸縮式」を紹介します。

固定式倉庫テント
資材や商品など長期保管が必要なものを保管するのに適しています。
ある場所に固定して建てられているため、耐震性があり、風雨、積雪などへの強度があります。
た、テント内はとても広いため、場所を広くとる作業での使用も可能です。
   
伸縮式倉庫テント
テント倉庫本体がジャバラ状の骨組みで、伸縮できるもの。長く、重量のある資材などの保管に適しています。テントを縮めることができることから、搬入、搬出の際に、大型の車両やクレーン作業がスムーズできます。屋外での実験や発掘調査などにも使われています。

中央株式会社の古河営業所にあるテント倉庫は、「固定式テント倉庫」です。
3つある中で、一番大きなテントは入口が2か所あります。大型トラックなどの搬入、搬出も可能です。

実際にどんなテント倉庫かご興味のある方は、ぜひ見学にいらしてください。

中央株式会社の古河営業所については
https://www.chuoh-logistics.com/staff/stf_koga.html

駒形プロフィール合体画像

鞄の検品をアウトソーシングする  鞄の検品ポイント

鞄の検品をアウトソーシングする  鞄の検品ポイント


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

鞄の検品にはどんなところに気を付ければいいでしょうか?
主な検品ポイントをいくつかご紹介します。
 
1. 商品全体にキズや汚れがないか、革素材の場合は、色ムラがないか。
2. 縫製がしっかりとされているか。特に持ち手の縫製がきちんとされているか。
3. 内側のポケットやジッパー、金具の開閉
4. 外側部分の飾りや金具がきちんとついているか
5. 針の抜き忘れなど異物混入がないか

このようなことに注意しながら、鞄の検品を行っています。

鞄は、革やナイロン、布、エナメルなどさまざまな素材で作られているため、素材ごとのチェック項目や、メーカーの検品基準もあります。

中央株式会社では、さまざまな鞄の検品を行っています。季節ものの鞄の大量検品が必要な場合も、必要な作業スタッフをそろえて作業いたします。

鞄の検品をアウトソーシングしたいとお考えの方は、一度中央株式会社にご相談ください。
作業スタッフの様子も見学できます。

お気軽にお問合せください。

中央株式会社については
https://www.chuoh-logistics.com/

駒形プロフィール合体画像

中央株式会社 古河営業所 ~鋼材の保管はテント倉庫を利用しよう~

中央株式会社 古河営業所 ~鋼材の保管はテント倉庫を利用しよう~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

中央株式会社の古河営業所には、テント倉庫があります。

テントのシートは、耐久性に優れたもので、強風、豪雨などでも、テント倉庫の在庫は安心して保管ができる仕様になっています。

テント倉庫は、建築鋼材など、重量があり、外の現場で使用するものの保管場所にとても適しています。

営業所の入り口からすぐの場所にテント倉庫はあり、テントの入り口も広く、トラックを荷つけることができます。

現在、鋼材や資材などの在庫置き場を探している方は、一度中央株式会社の古河営業所にご相談ください。

中央株式会社は、長年、多種多様な物流のアウトソーシングを行ってきました。
お客様の保管希望商材や、保管期間などをお伺いし、ご要望が叶うご提案をいたします。
テント倉庫の見学は随時行っております。お気軽にお問合せください。

中央株式会社の古河営業所については
https://www.chuoh-logistics.com/staff/stf_koga.html
テント倉庫1
駒形プロフィール合体画像

アウトソーシングを利用して棚卸の効率化を図る

アウトソーシングを利用して棚卸の効率化を図る


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

「棚卸」を経験している方は、定期的にする少し大変な作業という印象をお持ちの方もいると思います。

棚卸をする理由として、データ上の在庫と現在ある実在庫の数の確認をして、在庫数に増減がないか、売り上げとの相違がないかを調べることがあります。

の作業をしないと、万が一在庫数があわない、売上金額との相違があった際に、さかのぼって調査する時に膨大な時間がかかること、調査作業のために人員確保をしないといけないこと、発送作業などを止めて行うことなど、実作業に大きな影響をもたらしてしまいます。

できるだけ、リカバーできる期間で棚卸をして、もしミスが見つかったら速やかに対処する方法をとった方がよいでしょう。

そのために、ぜひ物流のアウトソーシングを手掛ける中央株式会社で、トータル作業としてアウトソーシングしてはいかがでしょうか?

その利点として、お客様の発送の仕方、在庫管理の仕方を充分に把握し、通常の業務を行っている作業スタッフが棚卸を行うことで、時間短縮の効率化が図れます。

また、万が一、在庫に誤差があった場合も、すぐに報告し対応できます。

毎回の棚卸に頭を悩ませている方は、ぜひ中央株式会社にご相談ください。

中央株式会社の棚卸については
https://www.chuoh-logistics.com/service/basic/stock_taking.html

駒形プロフィール合体画像

中央株式会社の検品 ~アパレル商材の不良判定になるものは?~

中央株式会社の検品 ~アパレル商材の不良判定になるものは?~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

中央株式会社の「検品」についてご紹介しています。
今回は アパレル商材の不良判定になるものは? をお伝えします。

アパレル商材の検品で、不良判定になるものには以下のようなものがあります。

・縫製不良(ミシン目がひと針、二針縫い目からずれている、落ちているなど)
・シミ
・汚れ
・キズ
・色落ち
・ボタンなどの留め具がゆるい、取れている
・破損

これらがあった場合、検品で取り除くことが必要です。

もし、このような状態でお店に商材が並んでしまうことがあると、商材を納品した会社はもちろん、販売店の信頼も損ねることになります。

中央株式会社では、長年物流のアウトソーシングを行ってきた経験を活かし、検品に力をいれております。
作業スタッフは、さまざまな商材の検品作業に熟練し、日々検品を行っています。
御社のアパレル商材の基準にあわせた検品が行えます。

はじめて検品のアウトソーシングをお考えの方は、ぜひ無料相談にお越しください。

中央株式会社で扱っているアパレル商材の検品についてご紹介をいたします。

中央株式会社の商品検品については
https://www.chuoh-logistics.com/service/option/outside.html

駒形プロフィール合体画像