課題を共に解決する、倉庫物流、発送代行のアウトソーシング
HOME > ライターコラム

ライターコラム

国際物流展2020 ~AIを活用 無人倉庫~

国際物流展2020 ~AIを活用 無人倉庫~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

今回から国際物流総合展2020(2020年2月19日~2月21日に東京ビックサイトで開催)で、取り上げられたAIを活用した物流情報をご紹介します。

物流倉庫でロボットを取り入れているところとして、ファーストリテイリングやアスクル、Amazon、ニトリなどが有名ですね。

倉庫で活躍しているのはどんなロボットなのでしょうか?

例えば、商品のピッキングや倉庫内の商品配送を行うロボットや商品棚とロボットが一体化し移動ができるものなどがあります。

RFID(商品情報が入力してあるRFタグを非接触で読み書きできるシステム)を活用して、入庫、検品、保管、出庫、封函、方面仕分けなど、ピッキング以外を機械で行っている倉庫もあります。

海外では、完全無人化の物流倉庫も出てきており、日本でも近い将来無人倉庫が増えてくるでしょう。

無人化を目指す理由として、人材不足の解消、作業の効率化、作業ミスの削減、スペース利用の有限活用などあります。

中央株式会社でも、作業ロボットの導入は近い将来考えていく課題となっています。

物流のアウトソーシングをお考えの方は、長年多種多様なアウトソーシングを手掛ける中央株式会社に、お気軽にご相談ください。

相談は無料です。

次回もお楽しみに。

中央株式会社については
https://www.chuoh-logistics.com/

◎前回はこちら

参考:
国際物流展2020
https://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/ltt2020/

国際物流展2021

2021/1/26~29 東京ビックサイト(予定)
https://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/ltt2021/index.html
駒形プロフィール画像

新型コロナウィルスによる物流への影響 ~倉庫業に関わるスタッフに対する健康管理~

新型コロナウィルスによる物流への影響 ~倉庫業に関わるスタッフに対する健康管理~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

前回から新型コロナウィルスによる物流で実際に起きた(起きている)状況をご紹介しています。


【倉庫業に関わるスタッフに対する健康管理】

新型コロナウィルスの蔓延により、在宅勤務(テレワーク)となった会社が多くありました。
しかし、倉庫での作業はテレワークではできないため、作業スタッフに出社してもらう必要がありました。そのため、倉庫内の衛生管理と作業スタッフの健康管理は、それまで以上に徹底することになりました。

ある倉庫で行った新型コロナウィルスへの対策例として、
倉庫内の定期的な喚起や作業スタッフには、毎日の検温、マスク着用、手指消毒アルコールの徹底、作業員同士で一定の距離を開けて作業を行う、昼食や休憩時に3密にならないように休憩時間の調整や席を空けて座るなどを行っています。

中央株式会社では、以下のような新型コロナウィルスの対策を行っています。
・倉庫、事務所内の定期的な換気
・全従業員の毎日の検温
・時差出勤
・アルコール消毒の徹底
・マスク、消毒を各営業所で備蓄
・お客様対応の際に「距離を取る」「マスク着用」の徹底
・社内でソーシャルディスタンスの確保ができるようルール作り、設備整備

長年物流のアウトソーシングを手掛ける中央株式会社では、お客様には安心して訪問できる環境を、社員には安心して作業ができる環境整備を心がけております。

アウトソーシングにご興味のある方は、お気軽にお問合せください。

中央株式会社については

◎前回はこちら
駒形プロフィール画像

アウトソーシングのタイミング⑨ 今後の事業のステップアップに備える

アウトソーシングのタイミング⑨ 今後の事業のステップアップに備える


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えする、ライターの山崎です。

物流をアウトソーシングするタイミングを考えるシリーズも、今回が最終回。
まとめの意味も込めて、「事業のステップアップ備える」ことについて考えます。

物流には「商品の量と保管場所」「入・出荷など在庫管理」「流通加工」「スタッフの確保」といった問題が常につきまといます。
それは事業をスタートする際にはじまり、事業が大きくなるごとに課題になるものです。

物流をアウトソーシングするかどうか決めるタイミングは、この課題が顕在化したときと言えます。
ですが、必ず物流が課題になるのであれば、顕在化してから調べ始めるのは非効率。
その少し前から情報だけでも集めて、ステップアップに備えておくのが賢明だと思います。

事前にアウトソーシングの流れやクリアすべき問題を整理できていれば、実際に事業を拡大するとなったとき、社内にアウトソーシングの案をすぐ提案できるだけでなく、準備もスムーズになります。

中央株式会社では、企業の規模や内容によって、管理方法をカスタマイズできる「セミオーダー物流」と、EC・通販サイト向けパッケージサービスの「Sinサービスセンター」を提供しています。
どのようなアウトソーシングが適しているか、長年の物流ノウハウを駆使した提案も可能です。

準備は早いにこしたことはありません!
事業の立ち上げ時はもちろん、順調な業績アップで「商品の数量や種類が拡大しそう」と思ったら、それが物流アウトソーシングの絶好のタイミング。
ぜひ動き出しましょう!

中央株式会社については
https://www.chuoh-logistics.com/
 
Sinサービスセンターについては
https://通販物流.com/

◎アウトソーシングのタイミング⑧はこちら

山崎プロフィール画像

国際物流展2020 ~AIを活用 ドローン配達~

国際物流展2020 ~AIを活用 ドローン配達~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

国際物流総合展2020(2020年2月19日~2月21日に東京ビックサイトで開催)で、取り上げられたAIを活用した物流情報をご紹介しています。

TV番組を見ると「ドローン」を使った映像がとても増えましたね。
私がよく見る旅行番組では、ドローンで撮影された自然の景色にいつもすごいなと感動しています。

ドローンは無人航空機の総称で、元々軍事用の開発で生まれたものです。

海外ではAmazon、アリババなどで、配達の実証実験が行われています。また中国では一部実用化されています。
日本では、2019年7~9月に楽天が横須賀から猿島への試験配達を、2020年3月には、日本郵便がドローンを使った試験配達を東京奥多摩で行うなど、実証実験が各社ではじまりました。

日本のドローン配達の活用例として、日常の買い物をするのが困難と言われる過疎地や山間部や離島への配達、また被災地への配達も期待されます。

ドローンは、配達以外にも建設現場の撮影、人が入りにくい場所の点検(トンネル、水中など)、屋内外の警備、農薬散布、ドローンによる空撮アート(アメリカのスーパーボウルなど)やドローンレースなど、これからますます幅広い分野で期待されています。

中央株式会社では、アパレル、日用雑貨など多種多様な品目のアウトソーシングを行っています。
通販サイト運営者様も多くご利用いただいているサービスです。
ご相談は無料で行っておりますので、お気軽にお問合せください。

次回もお楽しみに。

中央株式会社については


◎前回はこちら

参考:
国際物流展2020
https://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/ltt2020/

国際物流展2021
2021/1/26~29 東京ビックサイト(予定)
https://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/ltt2021/index.html
駒形プロフィール画像

新型コロナウィルスによる物流への影響 ~輸入ストップによる在庫切れ、配達遅延~

新型コロナウィルスによる物流への影響 ~輸入ストップによる在庫切れ、配達遅延~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

2020年は、世界中で「新型コロナウィルス」が蔓延し、経済活動をはじめ、生活に制限がでるなど大きな影響が続いています。

新型コロナウィルスによる物流で実際に起きた(起きている)状況をご紹介したいと思います。

【輸入ストップによる在庫切れ、配達遅延】

海外からの輸入品が入らなくなり、商品自体の流通ができなくなりました。
特に中国で製造されている商品は、いまや生活に欠かせないものも多いため、日常生活に大きな影響を及ぼしました。

海外製品を扱っている会社では、商品が日本国内に入らなくなってしまい、注文をいただいた商品を期日中に届けることが難しくなりました。実際に、商品が入り次第配送という対応をとった企業も多くありました。

感染予防対策に必要なマスクは、長期間品切れが続きました。また、中国で多く製造されている建築資材の供給も止まってしまったため、建設現場では、作業の中断や施工の延期が余儀なくされました。

国内生産品でも、海外製の材料を使用しているものは、生産がストップしてしまったところもあります。
私たちの生活が「輸入品」で支えられていることを、改めて強く感じることとなりました。

中央株式会社では、アパレル、日用雑貨など多種多様な品目のアウトソーシングを行っています。
荷主様で新型コロナウィルスの影響を受けた方も多くいらっしゃいました。このような時にこそ、私たちができることをご提案いたします。

中央株式会社については
https://www.chuoh-logistics.com/
駒形プロフィール画像