課題を共に解決する、倉庫物流、発送代行のアウトソーシング
HOME > ライターコラム

ライターコラム

海外在住オーナーとSinサービスセンター④ 人気の理由その3 ~充実&上質なサービス~

海外在住オーナーとSinサービスセンター④ 人気の理由その3 ~充実&上質なサービス~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えする、ライターの山崎です。

中央株式会社が展開する、通販物流に特化した発送代行サービスの「Sinサービスセンター」。
このサービスが海外在住のショップオーナーに再注目されています。

今回、その理由を「サービスの質」という観点から2点ご紹介します。

①オプションサービスが充実!
新型コロナウイルス感染拡大で増加した通販利用。
大切な人へのプレゼントも通販で購入する人が増えました。
そのときに必ず必要になるのが、ギフトラッピングやメッセージカードの準備。
Sinサービスセンターでは、それらをオプションサービスとして提供しています。

また、領収書や納品書の同梱作業や商品のタグ付け、袋入れ、さらに棚卸作業のオプションも用意されています。
これなら、海外在住であっても安心してSinサービスセンターを利用できますね。


②経験豊富なスタッフによる作業
入出荷やオプションサービスの作業を行うスタッフは、経験豊富!
短期間の派遣スタッフではなく、直接雇用のスタッフが作業します。

そして、その仕事ぶりはとても丁寧で評判です。
袋入れやラッピング、タグ付け、梱包などの美しい仕上がりは、お客様の満足感にもつながっています。


Sinサービスセンターは、ショップの売り上げアップを物流面からしっかりサポート。
それもそのはず、運営する中央株式会社は昭和23年創業。
今まで蓄積してきた物流ノウハウとその高い質は折り紙つきなのです!

通販では、発送時の質の積み重ねがショップの人気を左右します。
気になる方はぜひお問い合わせください。

次回は、Sinサービスセンターが国内在住の方にもオススメできる理由をご紹介します。


中央株式会社については
https://www.chuoh-logistics.com/

Sinサービスセンターについては

◎海外在住オーナーとSinサービスセンター③はこちら 

山崎プロフィール画像

海外在住オーナーとSinサービスセンター③ 人気の理由その2 ~個人OK!支払いもお手軽~

海外在住オーナーとSinサービスセンター③ 人気の理由その2 ~個人OK!支払いもお手軽~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えする、ライターの山崎です。

中央株式会社が展開する、通販物流に特化した発送代行サービスの「Sinサービスセンター」。
このサービスが海外在住のショップオーナーに再注目されています。

今回、その理由を「お手軽さ」という観点から2点ご紹介します。


①法人ではなく、個人でも利用OK!
Sinサービスセンターは、法人での利用だけではなく個人事業主の方の利用も歓迎!
さらに、通販実績のある方はもちろん、スタートアップの方の利用も可能です。

そして、Sinサービスセンターは小ロットでも対応しています。
なんと商品1個からであっても快く対応してくれます!
「海外に住んでいても日本での通販を個人で手軽に始められる」魅力が再評価されているのです。

②わかりやすい料金体系と支払方法。
Sinサービスセンターの大きな魅力の一つが料金体系。
まずは初期費用が0円!
インターネット環境さえあれば、すぐにでも始められるサービス

保管料金は1日単位、商品サイズごとに・専用BOXで計算されます。
在庫してある日数・在庫してある物量だけ費用が発生。
無駄がなく、とてもわかりやすい仕組みです。
※オプションやイレギュラーの対応で別途費用が発生することがあります。

そして、支払方法はクレジットカード。
これなら管理もラクラク! 海外で暮らしていても安心ですね。


料金が気になる方は、ホームページでシミュレーションもできるので、ぜひお試しください。
次回は、Sinサービスセンターが選ばれる理由の中でも「サービスの質」に着目してご紹介します。


中央株式会社については
https://www.chuoh-logistics.com/

Sinサービスセンターについては
https://通販物流.com/

Sinサービスセンターの料金シミュレーションについては
https://通販物流.com/simulation/

◎海外在住オーナーとSinサービスセンター②はこちら

山崎プロフィール画像

海外在住オーナーとSinサービスセンター② 人気の理由その1 ~時差対策~

海外在住オーナーとSinサービスセンター② 人気の理由その1 ~時差対策~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えする、ライターの山崎です。

中央株式会社が展開する、通販物流に特化した発送代行サービスの「Sinサービスセンター」。
このサービスが海外在住のショップオーナーに再注目されています。

今回、その理由を「時差対策」という観点から2点ご紹介します。


①専用Webシステムでいつでも発注OK
海外と日本とのやり取りで最大のネックとなるのが「時差」。
「発注を指示したいけど、日本はまだ深夜だ……」ということも多くあります。
反対に、日本の営業時間に指示を合わせようとすると、今度は自分が大変に。
そのため日本国内に倉庫を持ちことをためらう方も多いそうです。

そのような不安に対応すべく、Sinサービスセンターでは専用Webシステムを導入。
24時間365日入荷指示や在庫確認ができます。
全てがWebの操作で完結するので、メールや電話でのやりとりは不要!
時差を気にする必要がなくなります。


②梱包作業の効率化で時差による納品のタイムラグを最小限に
時差とは直接関係なさそうな「梱包」も注目すべきポイントです。

海外の倉庫で発注のたびに一つ一つ梱包を行うと、手間とコストが増えます。
もともと海外拠点から商品を日本へ送ると、時差や場所によって納期が長くなりがち。
それが梱包作業のさらに納期が後ろ倒しになるとすれば、会社の評価に関わりかねません。

Sinサービスセンターを利用すれば、海外拠点で行うことは商品の一括梱包と指示だけ!
個別の梱包はSinサービスセンターが行います。
商品が少しでも早くお客さまのもとに届くよう、素早い対応ができます。


このほかにも、Sinサービスセンターが選ばれる理由はいっぱい!
次回はその中から「お手軽さ」に注目してご紹介します。


中央株式会社については
https://www.chuoh-logistics.com/

Sinサービスセンターについては

◎海外在住オーナーとSinサービスセンター①はこちら
山崎プロフィール画像

海外在住オーナーとSinサービスセンター① その魅力が再注目される理由とは?

海外在住オーナーとSinサービスセンター① その魅力が再注目される理由とは?


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えする、ライターの山崎です。

中央株式会社が展開する、通販物流に特化した発送代行サービスの「Sinサービスセンター」。
個人・法人を問わない上、小ロット・月1件の発送でも対応してくれることが人気です。

このSinサービスセンターが今、海外在住のショップオーナーに再注目されています!

これまでも、アメリカやフランスなどにお住まいのショップオーナーの方が、日本国内の倉庫としてSinサービスセンターを選択。
時差を気にせず作業ができる
少ない物量でも気軽にサービスを利用できる
日本ならではの丁寧な作業が信頼できる
などなど嬉しい声をいただいていたそう。

再注目のきっかけは、2022年2月以降続くロシアのウクライナ侵攻。
不安定な情勢が続く中、原油価格が高騰し、輸送コストが大幅アップしました。
それにとどまらず、荷物の遅延やロシアが関係する取引の中止や物流が停止する事態も発生。
そして、この流れは今後もしばらく続くと見込まれています。

こうした中、「日本で扱う商品への影響を最小限にするために、国内の倉庫を持ちたい」と考える海外在住のショップオーナーの方が増えたようです。
その結果Sinサービスセンターへの問い合わせが増えているものと考えられます。

数ある倉庫の中から、Sinサービスセンターが海外在住のショップオーナーの目にとまるのはどうしてでしょう?
その理由を次回からお話ししていきます。


中央株式会社については
https://www.chuoh-logistics.com/

Sinサービスセンターについては
https://通販物流.com/
1c57137873055509c01eebb8bc29cfc8119

店舗の新形態③ 改めて考える「実店舗(有人店舗)」の魅力とは?

店舗の新形態③ 改めて考える「実店舗(有人店舗)」の魅力とは?


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えする、ライターの山崎です。

「店舗の新形態」と題して、近年新たに登場したスタイルの店舗に迫るシリーズの3回目。
最終回の今回は、実店舗(有人店舗)の魅力について改めて考えます。

新型コロナウイルス感染拡大やウクライナ情勢など、世界情勢や景気が不安定な中、ECサイトや無人店舗が増えました。
では「実店舗が不要になったのか?」というと、そうではありません。

ここで、店舗側と顧客側のメリットを整理しましょう。

①店舗側のメリット
実店舗は、売れ筋やニーズを実体験として肌で感じられる、貴重な場。
お客さまの商品を選ぶ表情や行動、お客さまとの会話などからニーズを直接感じられます。

②顧客側のメリット
まずは、質感やサイズなど実際に確かめられること。
実際に触れることで買い物の失敗を減らせます。
特にアパレル商品は、実際に似合うかどうか気軽に試せる場はありがたいものです。
そして、気軽にスタッフとコミュニケーションをとりながら商品を選べるので、おのずと満足度が高まります。

私は「実店舗でのショッピング」をストレス発散方法の一つにしています。
実店舗は魅力的な商品が一気に視界に飛び込んできます。
ECサイトにはないワクワク感を味わえて、心がときめきます!

そんなことができるのは実店舗があってこそ。
同じことを感じる女性は多いのではないでしょうか。

実店舗には、このような魅力があります。
無人店舗やECサイトと組み合わせることで、店舗全体の魅力と集客力拡大につながるでしょう。

中央株式会社では、特にアパレル商品の在庫管理を得意としています。
在庫管理もアウトソーシングで効率化をはかりましょう!


中央株式会社については
https://www.chuoh-logistics.com/

◎店舗の新形態②はこちら 
山崎プロフィール画像