課題を共に解決する、倉庫物流、発送代行のアウトソーシング
HOME > ライターコラム

ライターコラム

オリンピックなど大きなイベント開催による 物流倉庫のリスクを考える

オリンピックなど大きなイベント開催による 物流倉庫のリスクを考える


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

2020年開催予定だった東京オリンピックは、残念ながら新型コロナウィルスの蔓延によって、1年延期となりました。一刻も早い新型コロナウィルスの終息を願っています。

オリンピック開催の何年も前から、開催地の東京都を始め、日本国内全体でさまざまな準備を重ねてきました。

オリンピックなどの大きなイベントによる物流倉庫のリスクを考えてみました。

・交通規制が起こり、発送した商材が期日内に届くのが難しくなる
・商材の入庫も期日よりも遅くなる、または早めの入庫が必要になり、作業を早める必要が生じる。
・イベント関連グッズの検品、セット組、発送のアウトソーシングが一時的に大量に発生し、作業スタッフ集めが困難になる。

このような配送や作業スタッフに関するリスクが多く出るのではないかと予測されます。

大規模イベントによる物流倉庫への影響を避けることはできませんが、対策をしていくように考えてみましょう。

例えば、事前に交通規制の時期が分かっているようであれば、早めの作業スケジュールを組んで、作業スタッフの確保に努める。イベントの中心地域外の物流倉庫にアウトソーシングをしてみるなどがあります。

中央株式会社では、スポット作業のアウトソーシングをお引き受けしています。急に大量の検品が必要になった、ある時期だけ発送作業をお願いしたいなど、ご要望に柔軟に対応致します。

相談は無料で行っていますので、お気軽にお問合せください。

中央株式会社については
https://www.chuoh-logistics.com/

◎前回はこちら
駒形プロフィール画像

アウトソーシングを失敗しない方法 ~業者に丸投げしない~

アウトソーシングを失敗しない方法 ~業者に丸投げしない~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

「通販事業の売り上げが好調のため、作業スペースも増やしていきたい、スタッフも増員したい。でも、トータルコストを考えると、アウトソーシングをした方が効率もあがるのでは?
そこでアウトソーシングができる倉庫を検索して、発見!やって欲しい内容を伝えたら、あとはお任せでお願いしたい」
このようなお話を聞きました。

もし、中央株式会社に同じご相談でお客様がいらしたら、この点だけはお伝えしたいと思います。
「ご依頼内容をお互いに詰めていくお時間は、必ず作っていきましょう」

中央株式会社は、お客様の要望に合わせてアウトソーシング作業を組み立てていく「セミオーダー物流」を取り入れております。

お客様がご希望するアウトソーシングは、十人十色。
規模も、扱う商材も、検品内容や発送スタイルも、同じものはほぼありません。

お客様のご希望をどんな風にして叶えることができるのか?
それを見つけていくには、お話しする時間が必要になります。

希望を業者に伝えたら、アウトソーシングの全てを業者にお任せにしてしまうと、作業がスタートしてから「こうじゃなかったのに」、「やって欲しい作業とは違う」などの、認識のずれが生まれてしまうかもしれません。

アウトソーシングを失敗したくない!のであれば、ぜひ「作業内容やご希望のすり合わせ時間」を確保しましょう。

中央株式会社は、お客様の「併走者」でありたいと常に思い続けています。

ご自身では小さなお悩みと思われていたことが、実は大きな課題だったということもあります。
また、パッケージ式タイプのアウトソーシングをご希望の際は、中央株式会社で運営しているSinサービスセンターのサービスもご紹介しております。

どんなアウトソーシングをご希望か、ぜひお聞かせください。

中央株式会社については

Sinサービスセンターについては
http://通販物流.com/

◎前回はこちら
駒形プロフィール画像

物流のお悩み解決⑪  小規模なネットショップでも発送代行したい!

物流のお悩み解決⑪  小規模なネットショップでも発送代行したい!


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えする、ライターの山崎です。

「物流のお悩み解決」と題して、物流アウトソーシングに関する悩みや不安にお答えするシリーズの第11回。
『ネットショップを立ち上げたばかり。扱う商品の数量は多くないが発送作業が煩雑で苦労している。ぜひ代行をお願いしたいけど……』
というお悩みについてご紹介します。

ネットショップの立ち上げ時は、商品の種類・数量ともに少ないことが多いですよね。
しかし、そうであっても在庫管理や発送業務は手間がかかるもの。
販路開拓や新商品開発などの業務に力を注ぐためにも、アウトソーシングを上手に活用したいものです。

アウトソーシングは大規模なショップでないとできないと思われがちですが、小規模なネットショップにあるような小ロットに対応したサービスを展開している会社も存在します。
中央株式会社が運営している「Sinサービスセンター」もそのひとつです。

Sinサービスセンターは、新規立ち上げ事業者の方や個人事業主の方に向けた、小ロットOKの物流サービスです。
在庫管理や保管、発送などの作業を、専用システムを使ってスピーディーに管理可能。
しかも在庫してある日数や物量に応じた1日単位の料金体系で、アウトソーシングしやすい仕組みになっています。

「小規模なネットショップでも、物流のアウトソーシングはできる!」
このことを知っていれば、心に少し余裕ができますね。
もし物流の悩みをお持ちなら、まずは思い切って相談してみることをおすすめします!

中央株式会社は長年の物流ノウハウに自信を持っています。
物量の規模にとらわれず、その会社にあったサービスを提案してくれるでしょう。


Sinサービスセンターについては
https://通販物流.com/

◎物流のお悩み解決⑩はこちら

山崎プロフィール画像

物流倉庫に起こりうる災害とリスク

物流倉庫に起こりうる災害とリスク


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

近年、気候変動の影響もあり、災害が起こりやすくなっています。

災害には
・水害
・台風
・地震
などがあります。

水害は、ゲリラ豪雨などで河川の水位が急激に上がって氾濫し、一帯が水びだしになり、建物の浸水などの被害が起こります。多くは大型台風により大雨の影響から起こることが多いです。
記憶に新しい大型台風による災害は、2019年9月に千葉を襲った台風15号による被害や、同年10月の関東地域に避難勧告が多数出た台風19号などがありました。

大きな地震では2011年東日本大震災や、2016年の熊本地震、2018年6月の大阪北部で起こった地震、同年9月北海道胆振東部地震などがあります。

水害や台風による物流倉庫のリスクとして、倉庫の浸水により商品が水にぬれて使用ができなくなることや、作業スタッフの安否、倉庫自体の破損、復旧までに時間を要すことがあります。

地震によるリスクとして、建物の崩壊、在庫商品の破損、作業スタッフの安否などがあります。
また、両方に共通するリスクとして、交通網の麻痺により、配送ができなくなることもでてきます。

全てのリスクを回避することは難しいですが、普段から災害によるリスクを考えて、できることをしていくことが必要です。

例えば、拠点を複数持ち、災害リスクを分散する、普段から商品の保管場所を水害などで浸水しても水につからないよう工夫をする、万が一、大地震が起こった時に最小の被害になるように、社員同士で意見を出して倉庫内の改善を進めるなどができると思います。

物流のアウトソーシングを手掛けている中央株式会社では、営業所ごとに定期的に避難訓練などを行っています。少しずつですが災害に対しての対策も立てています。

ぜひ、皆様も自社倉庫など、災害に対してのリスク対策をかんがえてみてはいかがでしょうか?

中央株式会社については
https://www.chuoh-logistics.com/
駒形プロフィール画像

アウトソーシングを失敗しない方法  ~社員と情報共有する~

アウトソーシングを失敗しない方法  ~社員と情報共有する~


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えするライターの駒形です。

社員がアパレルや雑貨の検品や発送作業に疲労していると感じて、社長が「社員の負担を減らしたい」と作業のアウトソーシングを考えた時、どんな手順でアウトソーシングを取り入れようとされていますか?

もしかして……社長や現場責任者などの単独で、アウトソーシングのお話を進めていませんか?

相談に来られる方とお話をすすめていくと、時折社長の独断でアウトソーシングをしようとしていることがあります。
そんな時は、必ず「作業の責任者や作業スタッフにも、アウトソーシングについて共有してください」とお願いしています。

現場で困っていることを一番身近に感じているのは、毎日作業を行っているスタッフです。
スタッフが抱えている課題を解決するために、アウトソーシングを利用することを考えていらっしゃるのであれば、積極的に作業スタッフや現場責任者に課題を聞き出してみましょう。

スタッフ達が通常業務に追われて、ヒアリング時間を取ることが難しいということもありますが、アンケート形式にするなどしてみてはいかがでしょうか?

中央株式会社では、アウトソーシングご希望の方との相談の際には、お困りごとの背景についてもお聞きしていきます。一緒にお話していく中で、原因が他にもあったり、気づかなかった原因が分かったりすることもあります。

アウトソーシングを失敗したくないと思われたら、まずは、ご相談ください。
御社にあったアウトソーシングをご提案致します。

中央株式会社については
https://www.chuoh-logistics.com/


◎前回はこちら

駒形プロフィール画像