課題を共に解決する、倉庫物流、発送代行のアウトソーシング
HOMEライターコラム > 販路拡大と物流アウトソーシング④ 販路拡大の課題は発送代行で解決

販路拡大と物流アウトソーシング④ 販路拡大の課題は発送代行で解決

販路拡大と物流アウトソーシング④ 販路拡大の課題は発送代行で解決


こんにちは。
中央株式会社の魅力をお伝えする、ライターの山崎です。

『販路拡大と物流アウトソーシング』というテーマの第4回。
販路拡大を拡大したときに生じる、物流面の課題についてお話しします。

販路が店舗、ECサイト、卸売と広がると、各所に発送するための「仕込み」も変わってきます。
どのようなことが想定されるでしょうか。

①保管場所の確保
販路が広がると変化するのが、取り扱う商品の種類と量。
種類や量が増えれば当然、在庫を保管するための倉庫が手狭になる事が考えられます。

②流通加工
卸売を主にやっていたお店が店舗販売を始めたとした場合を考えてみましょう。
卸売では不要だった値札やタグ付けが必要になります。
また、輸入したアパレル商品の場合は、綺麗な状態で販売できるようにプレス作業やリフレッシュ作業が必要になることもあります。

③配送先ごとの対応
販路が増えると自然と増えるのが配送先。
卸売をしていたお店がECサイトを立ち上げた場合で考えてみましょう。
卸売りの場合は多くの商品をまとめて送付し、納品書を商品とセットで配送することがほとんどです。
しかしECサイトで個人宅が配送先になると梱包が小さくなる上に、納品書や請求書を入れたり入れなかったりと、注文内容によって状況が変わります。

物流面の変化はどれもささいな変化かもしれませんが、物流以外の対応も変化が相当あります。
少しでも効率的に販路を拡大するために、物流は発送代行会社にアウトソーシングする、という方法も視野に入れてはいかがでしょうか。

中央株式会社は、卸売りはもちろんEC事業の物流のアウトソーシングも支えてきました。
見学も随時可能ですので、ぜひ問い合わせてみてください。

中央株式会社については
https://www.chuoh-logistics.com/
Sinサービスセンターについては
https://通販物流.com/

◎販路拡大と物流アウトソーシング③はこちら

山崎プロフィール画像