課題を共に解決する、倉庫物流、発送代行のアウトソーシング
HOMEスタッフブログ > 中央月報

中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2021年3月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2021年3月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

本社の斉藤です。先日発行されました、中央月報2021年3月号より、1つの記事を紹介します。ぜひご覧ください!
以前に勤めていた会社で言われていた言葉です。

私は以前、ある葬儀社で働いていました。働き始めたころは周りの方からよく新卒で何故葬儀屋さん?と尋ねられることも多く当時はまだ新卒や20代前半で葬儀業界を選択する人は少なかったのかもしれません。きっかけは自分が参列者として葬儀に参列した時の事を思い出した事でした。自分には特にこれといった特技や履歴書に書けるような資格は持っていなかった事もあり人の役に立つ仕事=サービス業という様な思いがあり、その中で葬儀の仕事に興味を持ち以前の会社にお世話になりました。

入社間もなくの研修で初めてタイトルの言葉を聞いたときに自分で大丈夫だろうか、やっていけるだろうかと不安に思った事を今でも覚えています。

何をもって究極のサービス業なのか考え方は人それぞれ異なるかと思いますが一生に一回しかも本人の感想を聞くことは不可能であり絶対にやり直しの利かない葬儀という場面において究極というのはある意味当てはまるのではないかと思います。

正直な話をすれば自分が担当させて頂いた全てのお客様に納得して頂く事は出来ませんでしたがそれでも10年以上続けられた事は自信にも繋がり葬儀の仕事に誇りを持つことができました。

葬儀と言っても全てが同じではなく1件1件打合せの中で想いを伺い形にしていきます。自分の経験や感じた事も伝えつつ最終的には「モノ」ではなく「記憶や記録」が残るという点において難しさもありますがやりがいはとてもありました。

今は転職し前職とは異なる仕事をしていますが荷主様の希望や要望を伺い現場目線から可能な事やそうでない事を分かりやすく伝え納得して任せて頂ける様になるという部分では以前に培った経験を活かせるのではないかと思うのと同時にまだまだ未熟であり勉強が必要である事を日々実感していますのでこれまで経験してきた究極のサービス業の中で得た事をこれからの仕事に活かしていきたいと思います。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2021年2月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2021年2月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

斉藤です。先日発行された中央月報2021年2月号より、1つの記事を紹介します。ぜひご覧ください!
次のようなことがインターネットニュースに掲載されていました。

バスの中での出来事でした。バスの運転手が停止ランプを誰も押してないのに停留所に止まりました。乗車していた客は何かあったのかと不思議がっていると、運転手が場内アナウンスをし始めました。「申し訳ありません、皆さんの近くにランドセルを背負った男の子がおりませんか」と問いかけたのでした。するとある女性が「ここにいますよ」と返答がありました。男の子は疲れているのか何かで寝てしまっていたのでした。運転手がいつも降りるはずの子が今日は降りないと不思議に思い停留所に止まり確認をしたのでした。気づいた男の子は「すみません」と一言を残し慌ててバスを降りたということでした。

運転手にとってはいつも降りる停留所で今日降りないからの確認に過ぎないことかもしれませんが、通常業務プラスαのことをしているからこそ気づけたことだなーと思いました。

我が社の業務にも入荷方法に対して・出荷方法に対して・加工作業に対して・保管方法に対して等お客様からの要望に応えるのは無論のこと、ちょっとしたアイデアを提示し改善することが求められています。我が社にアウトソーシングした結果、お客様がやりやすくなる、拡販に専念できる等メリット面が分かりやすい形で現れるようになればより良いコミニケーションが取れていると思えます。我が社のお客様の業績が好調になることが一番良いことです。そのために何ができるか?自分自身の担当顧客・今自身の業務・日々の流れ等をもう一度確認してみることから始めると、きっと何か見つかるような感じがしますが・・・・・・。

先程のバス中の話はまだあり、子供が降りて次の停留所近くで乗車していた人の一人が「すみません」と言ってバスの運転士に話してきたそうです。子供が画用紙に描いた絵を置き忘れているとのことでした。運転士は「預かります、今度会ったときに渡しておきます」とその声をかけてきた女性に話したそうです。私の想像ではきっとこの画用紙にはバスと笑顔の運転手が書かれていると思いますが・・・。

この記事を読んでもう少し当面のことばかりに集中せず、プラスαを見る目を養う努力をしなければと思った次第でした。。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2021年1月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2021年1月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

本社の斉藤です。先日発行された中央月報2021年1月号より、1つの記事をご紹介します。ぜひご覧ください!
学生時代にゼミを専攻しておりまして、ゼミの教授からの教えを、毎年手帳を変えるたびにメモし、そして肝に銘じていることがございます。
今回は、その内容のお話をさせて頂きます。

・一歩引いた謙虚な姿勢を忘れない。
・自己本位の独断的行動をせず、周囲との対話を大切にする。
・不平、不満を言わずに、感謝して働かせて頂く。
・人の長所を認めて、人の短所を指摘しない。
・口(食べ方等)に気を付ける。
・見栄をはらない。
・ウソをつかない。
・疲れすぎないように適当に休む。

大学2年のはじめての授業で、教えて下さいました。
内容は、当たり前のことを伝えているような気がしたのですが、教授は「人として」を重んずる考えの方で、社会に出て組織に属すると学生時代とは違う「欲」が見えその事で人として間違った方向へ行かないように常に肝に銘じなさい、と普段温厚な人柄で、また、はじめての顔合わせの授業で力強い口調で伝えて下さいました。

私が響いた言葉は、「一歩引いた謙虚な姿勢を忘れない」です。
立場や職種、業種は様々ありますが、全ての事柄に人が関わり、いずれの組織でも協力、協働、末永く継続するには、人を思いやる、人の立場になり考える、その為にはまずは謙虚にならなければ周りは見えてこない、周囲と対話を大切にし、その会話の中で不平や不満を言わない、人の長所を認めることで互いを認め合う事ができる。

仕事終わりに、いくつこの教えを参考にできたか自問自答して、自身の未熟さに気づかされております。
この教えを仕事で体現できる日を目標に、今後も突き進んでいきたいと思います。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年12月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年12月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

本社の斉藤です。先日発行された中央月報2020年12月号から、1つの記事をご紹介します。ぜひご覧ください!
この会社に入社して9年目になりました。この業界の事は何もわからない状態での入社でしたが周りのパートや当時の社員の動き等を見聞きし覚えていきました。

当時から今でもですが、物理的な事や自分自身の考え方や判断で大小様々なミスや失敗をしてきました。

「失敗は成功のもと」とよく言いますがただ失敗を繰り返しているだけでは成功する事は出来ないと思っています。前職では車や建機の部品を製作する工場に勤めていて問題があると人命にかかわる事もある為、なぜ失敗してしまったのかを考えるのは当然ですが、もっと深いところまでなぜ?なぜ?を考えてもう考えても答えが出てこないところまで考えるようにしていました。人命にはかかわらないですが今でもその考え方は続けていて本当の理由はなんだったのかが少しでもわかれば同じことを繰り返さないようにできると思っています。

先月の月報の中に社長のお話で「選択の連続」というものがありましたが、まさにその通りで自分はその選択肢が少ないのだと思います。

後悔先に立たずといいますがミスや失敗した事もうまくいった事も、もっと違ういい方法があったのではないかなど考えてしまいます。自分が良いと思って選択した事も他の誰かが見たら悪いとまではいかなくとも最良ではない事も多分にあると思います。

何が最良なのかという答えはないのかもしれませんがそれを導き出すには自分の中に引き出しが足りないのだと実感しています。

自分が選択したことが自信を持って最良だったと思えるにはまだまだ経験が足りないのかもしれませんが、その選択を出来るように日々自分の中で様々な選択肢を持てるように考え行動していきたいと思います。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年11月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年11月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

本社の斉藤です。先日発行された中央月報2020年11月号から、1つの記事をご紹介します。ぜひご覧ください!
依然、新型コロナウィルスの影響が続いています。現状、我が社ではみなさんの日頃の感染対策により、通常営業を続けることができています。本当にありがとうございます。新型コロナウィルスの影響は当面の間は続くことになります。引き続き、感染対策にみんなで取り組み、その中でもできるだけ楽しく業務を続けていき、我が社の社会的意義も果たしていきたいと思っています。これからも一緒に、どうぞ宜しくお願い致します。

さて、少し大きな話題となりますが、人生とは「選択の連続」です。すべての方が常に選択を繰り返しています。私で言えば、昼ごはんをラーメンにするか蕎麦にするか、といったライトなものから、会社のお金を大きく使うヘビーなもの、はたまた泣いている我が子にどう声を掛けるか、といったものもあります。

どの選択肢を選ぶかは色々な要因を考慮し、選んでいます。大きくは、プラス要因とマイナス要因の「損得」を比較し、検討しているのではないでしょうか(その損得に色々な圧力が掛かり、正当に判断できないのが人間なのですが)。ちなみに、もちろん「損得」は金銭的なものだけではなく、目に見えるもの、見えないもの、自分、相手(周り)、を含めた総合的なものです。

その判断に本当に悩むことがあります。悩んでも悩んでも、結局は答えが出ず、苦しい時もあります。

そのような場面での判断材料に、経営理念、行動指針が役に立てばと思って定めています。これからも悩みが尽きることはありませんが、私も含めたみんなにとって、少しでも役に立つことを祈っています。

さて、経営理念や行動指針も考慮して、悩み抜いても答えが出ない時、私は最終的には「どちらでもいいんだ」と思うようにしています。これは何も投げやり、適当、なのではなく、どの選択肢も損得はほぼ同じ、だと理解するようにしています。そう思うと判断できない自分の無能さからは解放されます。その時は、後は「えいやと決断」するだけです。(これも簡単ではないのですが)