課題を共に解決する、倉庫物流、発送代行のアウトソーシング
HOMEスタッフブログ > 中央月報

中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2018年4月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2018年4月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

先日発行された中央月報2018年4月号から、以下の1つの記事を抜粋紹介します。ぜひご覧ください!
私は常に、誇りを持って業務をすることが毎日大切だと考えています。

私は介護職と営業を経験した後、この物流の業界へとやってきました。

ここに入社してからの数か月間、多くの方に迷惑をかけながら、仕事に取り組んでいます。そこで業務中に感じることは、大学で専攻していたのは、物流の効率化をメインに学んできました。コストや人員、時間をどう削減できるのか、などを学んできました。当時は、卒業後は介護を学ぶことを決めていたので、あまり深く勉強はしませんでしたが、今となっては、中央でも活かせる知識が多く学べた筈なので、もっと真面目にやるべきだったなと感じています。

企業では商品を造り、エンドユーザーまで届ける。一見単純な流れのようにも感じますが、全てを自社でやろうと考えると、途方もない時間とコストがかかる筈です。それを私達は第三の企業として、エンドユーザーや、店舗などへの発送を代行しています。誰かに何かを任せるというのは、信用がなければ絶対にしないと私は思います。私個人も、信用できる人にしかしない話もありますし、信用できない人には自分のことすら話しません。それは企業も同じだと思います。

信用できる会社でなければ、時間とコストを多く使って、やっとできた商品を預けてはくれない筈です。その信用は今までの実績であったり、トラブルがあった際の対応であったりと様々な要因で得られるものだと考えています。

評価という言葉にも繋がっていきますが、評価は自分では決められず、第三者が見て初めて評価されるのです。自己評価だけでは、何も変えられないと思っています。

現状、お客様と直接関わっていない私ですが、今後その機会が出てきたときに、中央の信用と評価を下げぬよう、誠意を見せて対応したいと考えております。

まだまだ、入社して数か月。人間的にも未熟な私ではありますが、私の家族、友人を始め、皆が誇れるような人間になりたいと思います。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2018年3月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2018年3月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

本社の斉藤です。
先日発行されたばかりの中央月報3月号より、1つの記事を抜粋紹介します。ぜひご覧ください!
入社して日々の業務をこなしていくのに精一杯で、あっという間に一日が過ぎています。

これまで接客業などをしていたため、物流業界は初めてで、入社してまず最初に効率性ということが凄く重要になると感じ、ここまで意識したことはありませんでした。

「作業効率」という意味として、作業を行う際に、どれほど早く、または少ない労力で作業を進められるかといった事になります。

更に早く作業を行うだけではなく、正確性が必要になってくると思います。

パートさんに指示一つ出す際も、明確にしなければ現場は混乱してしまうと実感しています。早く出来てもミスをしてしまえばやり直したりの時間がある為、余計に時間がかかってしまい、結局は非効率になってしまいます。

効率を上げるにはどうすれば良いのかを常に考え取り組んでいますが、まだまだできることはある為、今後の課題になるかと思います。

更に大事だと感じたのがチームワークの大切さです。

お客様からタイトな納期希望があったときも、パートさん達の力を借りてやり遂げることができ、お客様からお礼の言葉も頂き、非常に達成感がありました。パートさんにすごく支えられていると感じました。

入社して少しずつ仕事も覚えてきましたが、フォークリフトにも触ったことがなく、徐々に慣れてきましたが、気を抜いた頃にミスをしてしまう恐れがある為、初心を忘れずに、報告、連絡、相談を忘れずにしていきます。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

本社の齊藤です。先日発行された中央月報2月号から、1つの記事をご紹介します。ぜひご覧ください!
中央株式会社に入社して、約7か月が経とうとしています。自分が出来る業務も増える分、他にも覚えなければならない業務も増え、一日があっという間に過ぎ、もう定時かと思う日も少なくありません。業務が増える事に最初は不安を感じることもありますが、その分嬉しさも感じながら、仕事に励んでいます。

そんな中、社会人経験の浅い私ですが、仕事する上で大切にしようと思うことがあります。それは、相手の話を聞き、人とのつながりを大切しながら、「感謝」の気持ちを忘れないこと。お客様はもちろんですが、社員、パートさんに対しても同じです。自分がミスした時や出来ない業務に対して、事務・現場社員、パートさんに教えて頂き、フォローしてもらいながら作業をしています。カンパニー(ComPany)の語源は、“ともにパンを食べる仲間”、目の前にいる同僚、上司などは皆、これから何年と共に仕事し、食事をする仲間であると聞いた事があります。確かに、一日の半分以上は職場で仕事することになります。もしかすると、家族以上に長い時間を一緒に過ごすといっても過言ではないと私は思いました。今も仕事をする上で、自分が困った時には周りの社員、パートさん方が助けてくれます。このカンパニーの語源を知った時、自分の信頼や信用にも繋がると思い、常に「感謝」の気持ちは忘れずに仕事をする上で大切にしようと決めています。

これ以外にもう一つ、最近意識している事が「先を考えて行動すること」です。業務が忙しくなった時ほど、重要だと感じます。一歩引いた視点から考えてみることで作業の優先順位が再確認できるのかと思います。その日にやるべきことを書き出し、優先順位を立てながら作業をするように心がけています。

まだまだ、教えて頂く事や覚える事、自分に足りない部分が沢山ありますが、今日よりも明日、という気持ちで仕事に向き合い成長したいと思います。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報1月分のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報1月分のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

本年も中央月報から、いくつかの記事を抜粋してご紹介していきます。ぜひご覧ください!

この中央月報の大きな目的としては「社員間の意思疎通を図る」「各個人の文章力を向上する」というものがあります。

お陰様で従業員も増え、営業所も広範囲に渡ってくるようになりました。その結果、同じ会社でもほとんど顔を合わせない、挨拶程度しか交わさない、社員同士が出てくるようになりました。これはある程度しょうがないことではありますが、寂しいことではあります。それを少しでも補助できれば、ということで、各社員が日常考えていること・遭遇した出来事などを、ほとんど内容制限を掛けずに投稿してもらい、社内報としてまとめ、パートさんも含めた全従業員に配布しています。

また、セミオーダー物流というものを展開している以上、営業職以外でも、お客様等に色々とご提案する機会が多くあります。その際に、自分が考えていることをできるだけ相手に正しく伝える、という能力がとても重要になります。それには、ある程度、そういったことへの機会(訓練)を増やす必要があると考えています。

そのような意図がありますが、ぜひお気軽にご覧いただき、知り合いの社員であれば、その感想を伝えてあげてください!次回以降へのモチベーションにもなりますので。


では、2018年1月号から、1つの記事をご紹介します。ぜひご覧ください!
年が変わってから早々流れていたニュースですが、ヤマト運輸が都内の駅ビルに「試着室」を用意したそうです。何の試着室かというと、ネットで洋服を購入した利用者向けのもので、品の受け取りはもちろん、試着もでき、試着して気に入らなければ返品も可能というものです。ヤマト運輸にとっては再配達・返品集荷を防ぐことができ、アパレル業者にとっては商品をまとめて送れるので配送料を削減できるという事で新たな試みとしてスタートし、その後、全国百五十か所でサービスの実現を目指すようです。

ヤマト運輸は以前からも、駅やスーパーに「宅配ロッカー」の設置を進めておりますが、こちらの方が身近で利用しやすいと個人的には思っています。実際に自宅近所のスーパーにも設置されているので大変助かっております。

昨年は物流業界の長時間労働をはじめ、その他諸問題について多く認識された年でした。先に紹介したサービスの全ては、問題の根源である時間と経費の無駄遣いをなくし、そして利用者にはより利用しやすくというヤマト運輸の思いから始まったもので、そういった働きかけは、私たち利用者も影響を受けていると思います。

それは私自身が、宅配便を利用する際は、指定可能な場合は、確実に受け取れる日時をきちんと指定しようという姿勢になっているからです。そして配達状況をお知らせしてくれるサービスも利用し、万が一受け取りが不可能になった場合も、前日までにその受取日変更の連絡を入れたりもしています。(以前は不在票が入ってはじめて商品購入したのを思い出す始末でした)

ヤマト運輸の大手荷主への物言いや改善に向けての新サービスの実行力というのは、個人ユーザーにとっても、運送業界にとっても、多大な影響力のある素晴らしいものと思っています。各運送会社からの運賃値上げに関しては、我が社としてはとても痛いところではありますが、正しい方向に向かっている過程での事象ですから仕方のないことです。その分は中央のサービスで取り返し(?)ましょう。いつか社会に影響力のある会社に成長すると信じ!

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報12月分のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報12月分のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

本社の斉藤です。先日発行された中央月報12月号から、1つの記事をご紹介します。ぜひご覧ください!
今年の9月に新営業所「草加稲荷営業所」が皆様方の協力を頂き無事開設し、はや4か月が経過しようとしております。開設に伴いご協力頂いた方々や私を温かく送り出してくれた前所属先の古河営業所の皆様方には大変お世話になり大変感謝しております。本当にありがとうございます。

まだ開設してから日が浅い事もあり、倉庫スペースの空きも多い状態ですが、半年後、1年後には倉庫スペースの空きも少なくなり、従業者も増えている事と思いますので、引き続き温かく見守って頂けると幸いです。

そんな草加稲荷営業所に開設準備から通いだして約半年が立とうとしていますが、周りの方から「自宅から近くなって良かったですね」と言われる事が多いんです。「そうですね古河に比べると距離は半分くらいになりました」とお答えしています。やはり古河って遠いイメージなんですね。

ですが、距離は半分になりましたが、通勤時間は殆ど変わってないのが現状です。特に帰りは古河の時よりも運転している時間は確実に長くなっています。理由は簡単です。古河までは道が空いてる、草加までは道が混んでる、それだけです。朝も夜も、とにかく渋滞、渋滞、渋滞という感じです。

古河までの通勤では渋滞もなく、信号も少なく、筑波山を見ながら快適ドライブという感じでした。しかも信号が少ない!そんな快適ドライブを2年近く続けてきた私にとって渋滞は正直苦痛でしかありません。
が安全運転で早く慣れるように頑張ります。

ちなみに草加に通い出し、車の燃費は・・・ガタ落ちです。