課題を共に解決する、倉庫物流、発送代行のアウトソーシング
HOMEスタッフブログ > 中央月報

中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年9月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年9月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

本社の斉藤です。先日発行された中央月報において、偶然全ての記事のテーマが「感謝」「人への思いやり」でした。新型コロナウィルスによって生活様式が大きく変わろうとしている中、このようなテーマにみんなが興味を持っているということは私個人として、とても嬉しかったです。
その中から、1つの記事をご紹介します。ぜひご覧ください!
コロナ禍にある今、皆さんが不要不急の外出を控えていると思いますが、緊急事態宣言中に比べると、徐々に外出の範囲が広がり、外食や買い物に出かける日も多くなってきているかと思います。他国では、外出時にマスクを着用しなければ罰せられるところも出てきています。

今、生活必需品とされているマスクですが、皆さんは、マスクをつけていることによる会話でのストレスを感じたことはありませんか?

私は、コンビニに入って会計の際、ビニールシート越しでマスクをした店員と会話をするのに、声が小さく聞き取れず、適当に返事をしてその場をやり過ごすということをしてしまったことがあります。声が聞き取れなければ会話にもならず、対応も冷たく感じられ、いったい何が言いたいの?と、やり取り自体に少しストレスを感じてしまいました。

会社の中で考えると、皆さんがソーシャルディスタンス取り、マスクをつけた状況でいる中、誰かに話しかけた時に相手から返事が得られず「無視された」「人の話を聞いてくれない」「不機嫌そう」「怒っているのでは」等、実際とは全く違うとらえ方をしてしまうことがあるのではないでしょうか。必要以上に大きな声、大げさなボディーランゲージで会話をする必要はないと思いますが、聞こえなかったからといって、すぐに負の考えに結び付けるのではなく、「声が小さかったのかな?また話しかけてみよう」等、少し相手の立場になって考えてみることも必要かと思います。逆の立場であっても、何か話しかけられたかも?と相手に聞き返すことも必要なのかもしれません。マスク姿で表情が見えなくても、声のトーン、言い方、言葉の使い方ひとつで、相手に与えるイメージを変えることは可能ですから、お互いが不快に思うことがないような、みんなにとって気持ちがいい、そんなコミュニケーションを心がけていきたいと思います。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年8月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年8月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

本社の斉藤です。先日発行されました中央月報2020年8月号から1つの記事を紹介します。ぜひご覧ください!
2020年8月で入社してちょうど2年になります。
2年前の入社時この業界について右も左も全く分からず不安に満ち溢れていた自分ですが2年たった今、自分なりに少しは成長できたかなと感じております。
成長できたのも上司や先輩、時には悩みなどを聞いてくれる同期、その他関わる全ての人のおかげだと常日頃感じております。本当にありがとうございます。

その中で心に残る言葉が【物流のプロとして】という言葉です。
これは入社間もない頃に上司が話してくれた言葉になります。
入社1~2ヶ月であれば社内では新人として通用するかも知れませんが、対取引先様については新人だろうが、中央の●●として捉えられ、新人という肩書きは通用しないと話していただきました。この話を聞いたとき凄く厳しい上司だなと感じた他、入社間もない自分に対し物流経験のある方と同等というのは無理だろうと決めつけていました。

その中、言葉では厳しいと感じてしまった上司も実際には何も分からない自分に対し、理解するまで教えていただき、何事もすぐに無理だと考えがちであった自分に対して、物流のプロとして無理・できないという言葉は使わない方が良いと教えていただきました。
その教えもあり今では無理・できないと決めつけるのではなく、どうすればできるか、どうすれば上手くいくか等、ポジティブに物事を考えられることもできています。
数えきれないたくさんの事を教えていただき、物流の知識は勿論のこと、人としても成長できたかなと感じております。

教えていただいた事に常日頃感謝の心を持っていますが、面と向かってでは恥ずかしく伝えられていない為、今回この月報を機に日頃の感謝の気持ちを伝えさせていただきます。
まだまだ未熟者ですが、教えていただいた事はしっかりと知識・自信として身に付け物流のプロとして3年目も頑張っていきたいと思います。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年7月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年7月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

本社の斉藤です。先日発行されました中央月報2020年7月号から、1つの記事を紹介します。ぜひご覧ください!
私事ですが中央株式会社に入社して2年が経ちました。入社時からずっと川口営業所に勤務してきましたが、今更ですが仕事や環境にやっと「慣れてきたな」といった具合です。

そう思えるようになったのはなぜなのか考えると、ちょっとしたことやイレギュラーで慌てなくなったり、出来なかったことが出来るようになったことが要因なのではと思いました。

入社して2ヵ月頃の話ですが、私一人でほぼ同時にトラック5台(2t~10t)の荷受けをしなければならない状況がありました。今でこそ見慣れたトラックの社名や伝票を確認すれば、ドライバーを誘導して倉庫のどこに着けてもらうか指示を出して、トラック数台の荷受けもこなせるようになりました(まだまだ詰めが甘いかもしれませんが)。当時はそんな知識もなく、なんの段取りもせずに慌てて荷受けをしていた為、ドライバーを待たせてしまうような状況でした。ですが1日でも早く慌てずに余裕をもってこなせるようになりたいと思い、今でもそうですが荷受けは積極的に受けるようになりました。おかげで担当外の顧客の荷物もすぐにわかるようになり、倉庫外のスペースの使い方も勉強でき、自分の想像していた対応が出来るようになってきたと感じます。

顧客の急な依頼などのイレギュラーもありましたがここで話すと長くなるので割愛します。私自身今日まであらゆる経験を積んできたことによって、いろいろな対応が出来るようになってきたと思いますが、まだまだなところはたくさんありますので、3年目はまだ残ってる不慣れなことを少しずつですが確実に慌てずにできるようにと、成長していく努力をしていきたいと思います。

※ミスは慣れてきたころに起きやすいと聞いたので十分注意いたします。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年6月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年6月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

本社の斉藤です。
先日発行されました、中央月報2020年6月号から、1つの記事を紹介します。ぜひご覧ください!
私は基本いつも前を向いていたいと思っています。それでもうまくいかなかったり、いらいらキーってなったり、落ち込む自分で終わる日もありますが。でもそんな日もあって然り、チャンスに変えていければいいのではないかと思います。前向きでいるためには、自分の弱みも強みも知っていなければいけないと思うので。客観的に物事も自分のことも見る力が必要だと思います。

仕事でミスをしたりうまくいかなかった日。落ち込むだけで終わらないようにする。なぜ起こってしまったのか、どこがいけなかったのか考える。とことん考える。

原因をつきつめたら、次に生かす対策を考える。小さなことでも。そして実行する。(これが大事。) そうやって自分の弱みと向き合ってカバーできたら、今日の私は、1年前より昨日より一歩進んだ自分になっている。

逆にうまくいったとき、自分の強みを知る人でいたい。素直に自分の良さを認めてあげたい。自分の嫌なところとか弱みとかって、気づきやすいけど、きちんと自分のいいところ、強みも気づいてあげられたら、弱みもカバーしやすい自分になれる。いいところももっともっと生かして伸ばしてあげられる。

そのバランスはとても大切。だから、時には、偏らないように、自分の思考と少し離れたところから自分のことを見てみることが必要。

そんなことを日々考えながら私は仕事をしています。

そして私の一番の強み。それはいつも周りの人に助けられ支えられているということです。そのおかげで自分一人では決してできなかったことが、「できる」に変わってきたことがたくさんあります。感謝の気持ちでいっぱいです。その気持ちを忘れずにこれからも前を向いていきたいと思います。

明日の私は今日の私よりきっと成長している、はず、です。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年5月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2020年5月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

本社の斉藤です。先日発行された中央月報2020年5月号より、1つの記事を紹介します。ぜひご覧ください!
今年に入り世界的に新型コロナウィルスが流行し、スーパーマーケットでまとめ買いをしたり、飲食店が軒並み閉店したりなどこれまでに経験したことがない状況になっています。

感染方法が「飛沫感染」、「接触感染」の為、マスクや除菌類などが不足し、いつお店に並ぶかわからず、買えないという人もいるかと思います。

そんな中、越谷営業所で主に化粧品関係の発送業務を行っている会社のお話になります。この新型コロナウィルスが流行したことで、このお客様はアルコールハンドジェルをすぐに手配し販売を行いました。やはり入荷してもすぐに卸、通販共に完売になっている状況です。ある時、担当の方から、パートさんで使って下さいとこのアルコールハンドジェルを差し上げますと連絡を頂きました。日ごろからお世話になっていますし、何かのお役に立てればというお言葉もありました。これは、パートさんが日頃から間違いなく正確に作業を行ってもらい、それがお客様との信頼関係に繋がったのかなと思っています。誰もが大変な時にこういった心遣いをしていただき嬉しく思った出来事でした。

業種によってはこのような状況で仕事がなくなってしまう事もありますが、ありがたいことに自分たちの仕事はなくならずにきています。仕事があることが当たり前と思っていましたが、そうではないと認識させられました。

新型コロナウィルスは、熱(70度以上で一定時間)及びアルコール(70%以上、市販の手指消毒用アルコールはこれにあたるようです)に弱いことがわかっています。

いつ終息するかわかりませんが、不要不急の外出を避け、自分で出来ることを行っていきます。