課題を共に解決する、倉庫物流、発送代行のアウトソーシング
HOMEスタッフブログ > 中央月報

中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2019年6月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2019年6月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

代表の斉藤です。先日発刊された、中央月報2019年6月号より、1つの記事をご紹介します。ぜひご覧ください!
皆さんはお客様からイレギュラーな作業を頼まれたとき、どのように対応していますか?イレギュラーな作業を二つ返事で受けていませんか?
イレギュラーな作業を依頼してくる場合、お客様が困っている場合や急を要する場合が大半だとは思います。

「お客様のために」という思いから安易に引き受けてしまうと、後になってかえってトラブルの原因になってしまうこともあるのではないでしょうか。
皆さんが何十年も同じ顧客を担当するのであれば良いかもしれませんが、いずれ人事異動や新入社員が入ってきて担当変更となることがあります。
その時に、「前担当はやってくれたのに」「どうして今回は作業代がかかるの」とお客様は思ってしまうのではないでしょうか。
そういったところから中央に対して不信感を持たれてしまうのは、会社にとって大きな損失になってしまうと思います。
もちろん担当者レベルで判断できることもたくさんあるとは思いますが、通常とは違うイレギュラーな作業については上長に報連相をしましょう。
(皆さんはきちんと報連相が出来ているとは思いますが・・・)

数年後も自分の担当顧客が中央と良好な関係で仕事をさせていただけるかどうかは、今の皆さんにかかっていると言っても過言ではありません。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2019年5月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2019年5月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

代表の斉藤です。先日発行された中央月報5月号より、1つの記事をご紹介します。ぜひご覧ください!
先日、社内で異動が発表され、6/1より草加稲荷営業所での勤務となります。

現状はまだ古河営業所の所属となりますが、ほぼ草加稲荷営業所に来ているため不思議な感覚です。

改めて今までいた営業所とは別のところに行くと、営業所毎の決められたルール、特色や雰囲気なども違うため、新しい環境に慣れるまでに少し時間がかかりそうですが、これから色々とコミュニケーションを取りながら学んでいければと思います。

また、少し話は変わりますが以前に他の営業所へ3日間応援に行き、実際に作業して、営業所の今まで話だけ聞いて部分を体験する機会がありました。実際に私も某営業所に行き、ここを真似したい!ここはこういう風にしたらもっと良くなるのではないか?など自分自身にとっても気付かされることの多い3日間となったと思っております。

物流に限らず時代は常に進化するものだと思いますので、その時々でお客様のニーズに応えられるよう新しいことに今後も挑戦していこうと思います。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2019年4月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2019年4月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

代表の斉藤です。先日発行された中央月報2019年4月号より、1つの記事を紹介します。ぜひご覧ください!
「座右の銘」よく聞く言葉です。

ですが意味をわかっていなかったので調べてみました。

自分の心を律するための「格言」のことで、「格言」とは人間の真理や生き方、戒めなどを簡潔に表した言葉のことです。

日々を生きていく上で、自分が「忘れてはならない」とおもっていることや「こうでありたい」と感じている格言を、自分の「座右の銘」とすることで、毎日を揺るがず有意義に過ごすための指針とのことでした。

冒頭に何でこんなことを書いたかというと

今年で42歳になり、中央に入社して6年目・・・

着々と年月を重ねていき新人から中堅となり人から教わる事よりも人に教える、伝える事が多くなってきています。

人に教える、伝えるということはとても難しいと感じます。

後輩に仕事を教え伝えていますが教え方は正しいのか、ちゃんと伝わっているのか、もっといい教え方があるのではないか、もっとわかりやすく伝える事ができるのではないか考えてしまう。

最近の悩みです。

そんな中、ある人に言われた格言があります。

「やってみせ 言って聞かせて させてみて
誉めてやらねば 人は動かじ
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」

山本五十六の言葉です。

山本五十六とは海軍軍人だったそうで彼の言葉は自衛隊の教育方針として引き継がれているそうです。

気になった方は調べてみてください。

その時は気にも留めずにいましたが今改めて聞くと今の自分の指標となるような格言だと感じます。

まずは自分でやってみせる。これが大切なことだと思います。

これを自分の座右の銘として今は違うけれど、こうなりたいしたいと思いながら日々頑張っていきます。

あーと思った方は参考にしてもらえればと思います。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2019年3月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2019年3月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!

代表の斉藤です。先日発行されました、中央月報2019年3月号より、1つの記事をご紹介します。ぜひご覧ください!
はじめまして。越谷営業所の川坂です。

昨年末に中央に入社して3ヵ月が経ちましたが、僕にとって2018年は色々な変化のある年でした。

元々、高校卒業後すぐに家を出た僕は引っ越しが多い生活でしたが、2018年は一番短期間で引っ越しの多い年でした。

まず、2018年の前半は、茨城県のつくば市に住んでいました。筑波山で有名で沢山の研究機関があり、すごい綺麗で住みやすい町でした。今でも家族で「つくばはよかったよね~」と話すほどです。

その後、暑い夏は、神奈川県の座間市に引っ越し、半年ほど暮らしていました。昼食を食べるためだけに横浜中華街に行ったり、暇だから江ノ島でも行こう!など、埼玉県に住んでいると中々気軽には行けない所も簡単に行ける地域性は良かったです。

そして、昨年末に埼玉県の吉川市に引っ越してきて今に至るのですが、夫婦そろって出身が埼玉県だということもあり、なんだかんだ言って一番落ち着く感じがします。

さらに、1歳3か月になる娘がいるのですが、僕の実家が川口市なので、僕の両親も、孫にすぐ会えて非常に喜んでいます。

いつも全国魅力度ランキングでは、最下位に近い埼玉県で、埼玉のいいところって何?と聞かれても、何も出てこないですが・・・・

でもそんな落ち着く埼玉で、しっかりと地に足をつけ、中央で頑張っていきたいと思います。

どうかよろしくお願いいたします。

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2019年2月号のご紹介

テーマ:中央月報

【物流アウトソーシングの中央株式会社】中央月報2019年2月号のご紹介

物流アウトソーシングの中央株式会社。倉庫、発送代行のご用命はお気軽にどうぞ。通販にも対応!
代表の斉藤です。先日発行した中央月報より、1つの記事をご紹介します。ぜひご覧ください!
昨年11月に入社しました、越谷営業所の江森です。

初めて中央月報の記事を書かせていただくにあたって、どんな記事を書こうか悩みましたが、まずは自分のことを少しでも知っていただけたらと、簡単な自己紹介をさせていただきたいと思います。

入社して3か月が過ぎ、ようやく仕事、通勤、生活リズムにも慣れてきました。長年会社勤めをしてきましたが、年々「あれ?」「ん?」「今までは出来たのに・・・」と思うことが増えてきた気がします。あえて年齢は書きませんが・・・加齢って怖いと感じる今日この頃です。

今回の再就職にあたって家族(夫、息子、義母)は応援をしてくれており、家事等の協力をしてくれています。一番手のかかる息子も4月からは大学生になって自宅を離れることもあり、期間限定ではありますが、今までやってくれなかった事をやれる範囲で協力をしてくれています。

自宅からは車通勤をさせてもらっています。通勤時間は約1時間と少し長めでですが、大好きな車で、大好きな音楽を聴きながらの通勤は、あまり苦に感じません。

今は仕事を覚えることが一番と考えていますが、もう少し自分に余裕ができたら、以前通っていたヨガ等の趣味も復活して、仕事に、趣味に、と充実した生活を送れたらと思っています。

今後も皆さんにはご迷惑をおかけすることがあるかと思いますが、精一杯仕事に励みたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。